本文

リスニング天国

数か月前から、音楽配信のストリーミング、アップルミュージックで
いろんな曲を聴いています。

月額980円で聴き放題。
聴きたいのを検索するのはもちろん、廃盤で聴けないのが見つかったりした時は大興奮。
また、好みからアップルがチョイスして聴かせてくれたりするので、知らなかった曲に触れることも。
音楽の聴き幅が一気に広がって楽しい!

レコード → カセットテープ → CD → DAT → MD → 配信、
と、ツールは時代と共に変化してますが、聴き方は変わっても、
音楽で感動したり、共感したり、上がったり、落ち着いたりするのは不変だなーと
モチベーションがアップ中! 楽しい楽しい!!(笑)

弾いてきました!代々木公園でのオリンピック・パラリンピックイベント「スポーツ・オブ・ハート 2018」

(写真撮影は、みつさんこと佐々木光仁さん)
クリック 47KB クリック 44KB クリック 47KB
ファイル 1971-1.jpg
ファイル 1971-2.jpg

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げる行事。
今年で4年目の出演となりました。

開幕セレモニーには、私のアレンジ「Seascape」と「君が代」を組曲とした、
「スポーツ・オブ・ハート スペシャルミックス」が定番に。

大鼓(おおつづみ)奏者の大倉正之助先生、
三味線の匹田大智さん、KIJUさん、中原正人さんと共に、
門田頼枚さんの演出の元、今年のオープニングセレモニーを務めさせていただきました。

10月にしてはやや寒い代々木公園。
昨年は雨でしたが、今年は、かすかでも陽の温かみを捜してしまうような曇り空でした。

早朝のリハーサルを終え、11時30分、
5名の演者が舞台へ登場。

敢えて司会や演者の言葉は入れず、冒頭は3名の三味線で火蓋を切る。
匹田さんの「ウーッ!」の掛け声でジャガジャンッ!

1分ほどの三味線パフォーマンス、これが見事なユニゾン(同時に奏でる旋律)になっていて、
途中、高い音と低い音のオクターブに振り分けられたりと、
代々木公園へ厚みと迫力が鳴り響いていました。
このユニゾンは本当に素晴らしくて、舞台上で感動してしまいました!

続いて、大倉先生の大鼓へ移る。
「いよーーーーーーーーーーーっ!」と、溜めに溜めて、
鼓で「ポンッ」
心身をぴしっと静粛して聴いてしまうほどの、伝統ある能楽の厳粛な調べが、
まるで世界中へ遠く、遠く鳴り響き渡っているようでした。

続いて私のギターによる「Seascape」→「君が代」。
三味線や鼓に比べれば歴史は浅いロックギターですが、
その中で私が「Seascape」で描く海の絵。
地球が出来た頃からずっとある、どこまでも広く広がる海に思いを馳せて。

次に展開していく「君が代」。
海から浜辺を思い浮かべ。
私はこの原詩を、現代でいう「ラブソング」だと解釈しています。
遠い昔の日本、お祝いの席で歌われたとされるこの歌。
2年後にやってくるオリンピック・パラリンピックをお祝いする気持ちで。

続いて、大鼓/三味線/ギターとが絡み合うパートへと移る。
最後は全員でフィニッシュ!
ジャンルを超えたハーモニーと、ハンディキャップの有無問わずという
イベント趣旨とが、絶妙にリンクする瞬間!

会場からは、今年もあちこちから拍手が降り注ぎました。
ここで初めて司会者さんからのご紹介。

時間にしては5分前後ではありますが、ここに、とてつもない深い意味を持ち、
この開幕で行事を成功させようと多くの方々の思いと尽力が結集し、
今年も無事に、大役を務めさせていただきました。

ご覧下さった皆さん、サポートいただいた皆さん、ありがとうございました。

Photo by 佐々木光仁さん

ファイル 1971-3.jpg
ファイル 1971-4.jpg
ファイル 1971-5.jpg
ファイル 1972-1.jpg
ファイル 1972-2.jpg
ファイル 1972-3.jpg
ファイル 1972-4.jpg
ファイル 1972-5.jpg
ファイル 1973-1.jpg

竹内藍ちゃんの曲のカバーに初チャレンジ!

シンガーソングライター藍ちゃんとのライブが、この日曜、新宿は音楽室DXにて。

渋谷CROSS-FMでの番組「竹内藍のAi Tube」からの特別企画。
ゲストとして誘ってもらった時、何か、私らしい面白いことで参加できないかと思案。
そこで思いついたのが、「お互いの曲をカバーする」というのはどうだろうかと。
藍ちゃんが弾き語りで、私のどの曲を歌ってくれるか? これはめちゃ楽しみです!

それに対して、私が藍ちゃんの曲をカバーするべく、スタジオで一人リハーサル。
私には無い歌い回しの連続で、実は今、かなり苦戦しているんだけど、
でも、曲、歌、詩の世界がとても素敵!
藍ちゃんのファンや、もちろんご本人にとって、曲のイメージを壊さないように、
しっかり心身に入れて頑張っております。

あと、あるテーマ性を立てて、それぞれの時間内のメニューを構成しています。

 2007年11月、和佐田さん企画のオムニバスライブに参加した時、
その時に、デビューしたばかりの藍ちゃんの歌声がとても印象的でした。

当時私は、和佐田さんと二井原さんに山口から東京へ呼んでいただいたんですが、
その時に、長谷川浩二さんやACEさんと初対面してのセッションが。
思えば、バンド「TAGAWA」は、ここから始まったんですねー。

話はそれましたが、藍ちゃんの曲をカバーするにあたり、
そんな様々なことを思い出しています。

というわけで、こういうライブだからこその企画、是非、聴きに来ていただけたらと!
再演するには個人的な準備がちょっと大変かもしれないので(笑)、
見逃しちゃわないようにー。

◆10月7日(日) 『AiTubePresents 竹内藍・田川ヒロアキ ジョイントLive 〜Constellation Vol.3〜』

渋谷CROSS-FMにて放送中の「竹内藍のAi Tube」が番組を飛び出して開催するイベント。
第3回は、田川ヒロアキを迎えてのジョイントライブです!
この日限りの内容も企画中。

ライブ&ダイニングバー音楽室DX
東京都新宿区西早稲田3-20-4 金子ビルB1F
(問) 会場Tel. 03-5273-5110
開場18:00 開演19:00
前売り3000円 当日3500円
http://www.ongakushitsu-dx.jp/liveschedule1810.html#181007
クリック 152KB

下関・西高等学校でコンサート&エレキな体育の先生!

私が中学生(盲学校)の頃に、ギター好きの体育の先生がいました。
河田先生、当時、20代前半の新任教諭。
Charさんみたいな低く太い声で、授業もちょっと怖かったけど、愛のある接し方でした。

私が軽音楽部に入ってバンドをやり始めた頃、先生がレスポールを持ってきて触らせてくれました。
体育館の教官室に案内され、「落とすなよ!」と重たいギターをズシンと。
安価なストラトしか手にしたことがない15歳の田川少年にとって、
初のレスポールが、とっても大きな存在に思えて感激!

先生ももう1本ギターを取り出し、二人でセッションが始まりました。
友達以外とのセッションをしたのは河田先生が初めて。
ブルースコードを教わったりして。

「練習すりゃーうもうなるけー!」
と言われた時は、そうか、「練習しなきゃ上手くならない」より好きな言葉だなーと!
その未来的な表現が印象的でした。スポーツの先生だからかなー。
成毛滋さんのラジオ以外で、初めて目の前でギターのヒントをいただいた時間でもありました。

以降、「勉強しなければ成績が上がらない」→「勉強すれば成績が上がる」
に置き換えて物事を考えられるようになったのは、この時がきっかけの一つかも。

その後、河田先生たちが教員バンドを結成して、文化祭でライブを披露!
喜んで最前列で一緒に歌いながら聴きました。

しかし、時期、先生は他校へ転任してしまい、寂しく、会う機会も無くなってしまいました。

 すると、ふと数年前、私に電話が。
「おー久しぶり。東京で頑張っとるんやね!
ホームページやYoutube見よるよ。
実は、今度、うちの学校でコンサートをやってもらいたいと思ってね。」

わー!河田先生!
電話口で聞こえるCharさんみたいなお声から、あの時のレスポールやブルースコードが一気に思い出されました。
その時は日程が合わずに実現できず、以降、何度かお誘いをいただいていました。
そして、ようやく今年、その機会がかないました!
クリック 79KB

 下関の西高等学校で、定時制の生徒の皆さんを対象としたコンサートをしてきました。
クリック 64KB

場所は学校の音楽室で、ステージもあり、段差の客席もあって、ちょっとしたコンサート会場。
事前に、河田先生と教頭先生がPAを準備して下さって、
教頭先生が調整されるという稀な経験。

音楽室は4階にあり、階段のみの中、私のマーシャルJVMと1960を
生徒の皆さんが手分けして運んで下さいました。感謝!

そして、校長先生とご挨拶。
マーチンを10数本お持ちで、私のことにもお詳しく、
のっけから山本恭司さんやマイケル・シェンカーの話題で大盛り上がり。
スコットランドでシェンカーと話をしたことがあるという校長先生は初めてでした(笑)。

そんな中、70分ほどのコンサートをさせていただきました。
私が音楽を目指すきっかけの一つに河田先生の存在が大きかったこと、
それ以降に出会った軽音楽部の顧問の先生が、校外での演奏の機会を作って下さったこと、
徐々にギターや将来への思いを深め、進路に悩みながら歩みを決めたこと、
私同様、今興味があることは、ずっと大事に温めてて欲しいこと、
また、見えない生活あれこれの話などを、
ギター、ピアノ、歌を交えながら進めました。

生徒さんは、一生懸命聞いて下さったり、笑ったり、手拍子したり、
中にはどう過ごせば良いか分からない方もいらっしゃったと思いますが(笑)、
一つでも何かを持って帰っていただけたらなーと。

美瑞穂いわく、アンコールで「好きっちゃ 好きなほ!下関」を歌った時に、
原曲のまま踊って下さった保護者の方(?)がいらしてたこと。
どこかのよさこいチームなのかなー?嬉しかったです。

生徒会長さん
クリック 63KB

素敵なお花と
ファイル 1960-1.jpg

記念品まで頂きました。
ファイル 1960-2.jpg

 この機会を作って下さった西高の先生方、生徒の皆さん、お花や記念品のプレゼント、
約30年ぶりぐらいにお会いしたり、駆けつけて下さった他校の先生方、
父兄の方々、サポート下さった皆さん、
本当に、ありがとうございました。
これからまた様々な形でお会いできる日を楽しみにしています。

大分県でのスポーツオブハート(SOH)

大分県での「スポーツ・オブ・ハート(SOH)」
9月21日の前夜祭と、22日の初日と出演してまいりました。
2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」のカウントダウン行事。

私は、東京の代々木体育館で開催された2015年からの出演なので今年で4年目。
というのも、国歌と、私の曲「Seascape」をミックスしたアレンジがきっかけとなり、
主催側より、SOHの開幕に不可欠とまで言って下さっているほど。

そして、昨年からSOHは大分県へも拡大。
アスリート、音楽家、ダンサー、ファッションモデル、アイドル、お笑いなど、
ハンディキャップの有無問わずにショーを繰り広げ、駅前が全部このイベント一色!

ハンディキャップって、不自由とか、頑張っているとか、健常者へ追いつくとかじゃなくて、
独自の工夫での生き方、表現、考えなどを持っていて、
それは、障害の有無問わず共通であることが広く伝わって欲しいなと、
そんな思いでこのイベントへ出演させていただいています。
なので、こうして理解が深まって、社会が考え、発展していくのは喜ばしいことだなと思います。

って、日頃の私は、どうやって音楽で楽しんでもらえたり心に残ったりするかを考えているので、
改めてSOHでの出演の機会を経て、ハンディキャップの方々との時間について考えたりします。
パラリンピックも近づいていることですし。

次は10月13日、東京は代々木公園にて、午前中の開幕に出演いたします!

思い出のお写真。

クリック 55KB
三味線の匹田大智さん、大鼓の大倉正之助さん

クリック 65KB
林芳正文部科学大臣、ヴァイオリニスト穴澤雄介さん、
SOHの演出サポート門田頼枚さん

クリック 68KB
SOHの理事である廣道純さんをはじめ、
アスリートの方々やファッションショーの披露!

ファイル 1959-1.jpg
車いすでファッションショーに出演されていました。
ファイル 1959-2.jpg
司会のえとう窓口さん

ファイル 1959-3.jpg
IVANさん

ファイル 1959-4.jpg
なんと_!小林幸子さん!
私のギターに反応して下さって感激のご対面!
ステージからも生歌のお声が聴こえるほど凄い声量でした!!

超満員御礼!THEME PARK in 下関

9月24日、「ポストギャラリーレトロ」へお越し下さった皆様、
本当に、ありがとうございましたー!!

完売になっても問い合わせが相次ぐほどで、入れなかった方もたくさんいらっしゃったとのこと。
ありがたい限りです。

定例の田川ステーションでやっているメニューや、下関ネタ、
お初の方にも入りやすい懐メロ秋曲をやったり、
この日初の新曲をお届けしたりのふるさとコンサートに。

ステージへ出た時の大拍手を浴びた時は、「帰ってきたー!」という実感で嬉しかったなー。
歓声、笑い声、合唱、もう、すっごく最高に響きました。
アンコールで最後の曲の時、「あー、この空間、停まってたいな!」と、
しっかりとその瞬間を実感しながら終演。
郷里ならではの雰囲気、全国に届けたいなーとつくづく思いました。

会場の「ポストギャラリー レトロ」は、元郵便局をおしゃれなカフェに改装した場所。
下関に現存する最古の洋風建築物で現役郵便局舎としては日本最古の有形文化財だそうです。

PAエンジニアの西田さんが、事前に美瑞穂とのやりとりから、とてもきめ細やかな配慮をして下さっていて、私も楽しみにしていました。
すると、凄く聴き心地の良いサウンド環境で出迎えて下さいました。
おかげでモチベーションも上がり、ショーも大成功!!

今回も、たくさんの方々のご協力で成り立った空間。
OAと運営を引き受けて下さった田川応援隊の「濱崎さんとおのりさん」、
馬関奇兵隊、菊川よさこい蓮合、カモンFM、老人保健施設アイユウ、
ベルエポック、下関観光レンタカー、設営や物販をお手伝い下さった方々、
ポストギャラリー西田さん、田島さん、
そしてそして、この日の為に、時間を作って足をお運び下さった全ての皆さん、
本当に、ありがとうございました!!
また帰ってくるけーねーーーーー(゚Д゚)ノ

写真は、PA西田さんからいただきました。

クリック 59KB クリック 50KB

ファイル 1964-1.jpg
オープニングアクト「はまさきさんとおのりさん」と!
沖縄テイストで会場をあっためてくれました!またお願いします。

ファイル 1964-2.jpg
主催の濱崎さん。
会場との打合せ、フライヤー作成など、いつも全面バックアップして下さいます。

ファイル 1964-3.jpg
菊川町の「菊川よさこい蓮合」代表おのりさん。
90名のメンバーをまとめ上げているスーパーリーダー!

ファイル 1964-4.jpg
菊川よさこい蓮合 の新曲 「祈り 華 永遠に」で
おのりさんと共に参加して下さった娘さんの綾乃ちゃん

ファイル 1964-5.jpg
運営サポートをしてくれた「馬関奇兵隊」濱崎さん、ゆうこりん、
けいやん、えっちゃん 「菊川よさこい蓮合」藤野さん、
そして、「その曲はこちらのCDに入っています」と、全曲脳内にインプットしている
超スピード暗算の小学生ゆうや君。

クリック 89KB
皆さん、本当に、ありがとうございました!!

リビングギター本日

本日放送です!聞いてー!
『リビングギター』 毎月4週目日曜17時からの田川ヒロアキ番組、FMおだわら78.7MHz
9月23日(日) 17:00〜17:30 再放送 9月25日(火) 24:00〜24:30(水曜0時)
インターネットからも聴取可能。
今月は、「行楽の秋、食欲の秋」ということで、
「地元自慢、あなたもふるさと大使?」
各地からのおたより、ありがとうございました。
今回はリビングから、来月は番組1周年を記念して、ライブ会場、音楽室DXからお届けします。
https://fm-odawara.com/

緊急ラジオ出演

アップロードファイル 336KB

大分駅前より緊急ラジオ出演!
演出家の門田(もんでん)さんのインターネット番組に生出演、かも?
こちらで14時からでーす。
でん君・コージの ソラトニワスタジオ!
http://www.soraxniwa.com/radio/player/umeda

写真は午前中のリハーサル。

楽しかった札幌ー!

 ここ数か月前からずっと楽しみにしていた矢先に起きた震災で、
思いがより強くなった北海道。
新千歳空港に到着した瞬間、なんとも言えない心境に。

そこから札幌へ向かい、TAGAWA(長谷川浩二 寺沢功一 田川ヒロアキ)として2本のライブをさせていただきました。

からっとした空気、大歓迎して下さる道民の皆さん、熱いお客さんと演者さん、
温かいスタッフさんたち、賑わっているすすきの、どれも美味しい北海道の幸。
復興へ向けて尽力されている皆さんの思いを強く感じました。

 そして、HAMMER BALLでの「SABER TIGER」のライブは凄かった!!
初めて「LOUDNESS」のライブを聴いた時のような重厚なサウンドを感じ、
一気に気持ちが急上昇! 37年キャリアの凄味を感じました!
行きの飛行機からサーベルタイガーを聴いてました。

二井原さんのROCK JAM THE NIGHT BEAST、
 恭司さんと玲衣さんのDUO
なんという凄まじいロックフェスなんでしょう!

  それと、二日間のOAで出演されていたELIZA、、ACS、RED、
自身の出番を前に気持ちをぐーんと上げていただけたライブでした。
こういった方々のサウンドを聴くとめちゃめちゃ嬉しくなります!

 二日目のHOT TIMEでのアフターでは、TAGAWA+下山さん+恭司さんという
とんでもないセッションに発展!
下山さんの熱唱に恭司さんのギター、長谷川さんと寺沢さんのボトム!!
奇跡的な瞬間!東京でもこういうことないですよね(笑)。

 HOT TIMEでは、美味しいカレーなどで熱烈おもてなしをして下さって、
皆さんと楽しい時間を過ごしました。

 終わって東京に帰っても、いくつも感想メッセージをいただいているほどで、
新たな素敵なご縁がたくさんできました。

天気も良く、準備した防寒着が必要にならなかったほど過ごしやすい季節でした。
気のせいか、ギターの音の伸び(サステイン)が少し長かったような?
やはり湿度なのかなー?

 とても、とっても思い出と繋がりがたくさん出来た3泊4日の札幌でした。
今回呼んで下さった下山武徳さんを始め、迎えて下さった皆さんに大感謝です!!
本当に、ありがとうございました!!
北海道ツアーしたいなー。

 北海道の観光やホテルのキャンセルが相次ぐニュースを聞くと、
確かに身の安全なので致し方ないと思いながらも、
今や日本のどこに居ても災害の可能性はあるかも、と。
なので、起きた時の備え、人や自然への思いを大事にしてたいと。

そんな中、北海道の方々、街、食べ物、自然に触れることが出来たのは
本当に良かったと、大事な宝物を持って帰れた気がします。

 スタッフブログに、美瑞穂が今回の様子をたくさん載せてくれています。

札幌に到着
札幌でお腹いっぱい
リハーサル HAMMER BALL 札幌PENNY LANE24!
ありがとうございました!【HAMMER BALL 2018】札幌PENNY LANE 24
TAGAWA 札幌2Days 無事終了! 朝、空港行きのリムジンバスを待つTAGAWA
アフターパーティでまさかの展開!!
興奮冷めやらぬ札幌公演

開幕!「山口ゆめ花博」

山口きらら博記念公園にて、「山口ゆめ花博」が開幕しました!
ファイル 1936-1.jpg

クリック 817KB クリック 100KB クリック 968KB

以下、一部、村岡知事さんの投稿を転記させていただきます。
写真は、KRYの周三さんからお借りしました。

会場には1000万の山口県の花が華やかに咲き、森・山・海など8つのゾーンで、1,000を超えるイベント・体験プログラム、日本一高い木のブランコや日本一長い竹のコースター、毎晩開催するナイトプログラム、VRで幕末・維新の歴史場面に立ち会う維新体験館など、様々な魅力が体感できます。
明治150年プロジェクト「やまぐち未来維新」の中核イベントとして開催するこの山口ゆめ花博には、県内の子ども達をはじめ多くの県民のみなさんの思いや力が注ぎ込まれています。

11月4日まで52日間、山口きらら博記念公園で開催されています。
http://yumehana-yamaguchi.com/

行ってみたいなー!!