本文

新曲!山口県の大学生たちによる地域祭り「結人祭(きゅっとさい)」の曲を作りました。

クリック 39KB

「山口大学」と「山口県立大学」のサークルが中心となって、
地元の商店街のご協力を頂きながら開催する毎年のお祭り行事、
「結人祭(きゅっとさい)」
そのテーマソングの依頼を頂いて制作しました。

歌詞は学生たちが書き、曲調のリクエストをもらい、
それに曲をつけました。

代表の唯さんという4年生が一生懸命やりとりしてくれました。

当初から、「学生と地域の方々との歌を入れたい」との希望から、
賑やかで楽しい壮大なイメージを持っている事が分かりました。

ガイドのコーラスは美瑞穂に歌ってもらいました。
そして、学生たちの歌を山口まで収録に行く話へと進みました。

しかし、ここで問題発生。
Covid19問題で東京からの移動も制限されて延期になってしまいました。
お祭りは今秋の予定であり、振り付けや練習も考慮すると終息を待てない状況。
さーて困った。

考えた結果、そういうことであれば、
東京と山口をを結んだリモートレコーディングを私から提案。

日時を決めて集まってもらい、東京と中継で結んでやりとりしながら、
学生たちのスマホの音声メモに歌声を録ってデータを送ってもらう方法。

近年のスマホの音声は綺麗なので、距離や部屋の響きさえ気を付ければ可能だと判断。
こうして、学生や地域の方々に集まって録ってもらうところまで話が進んでいました。

しかししかし、またまた問題発生。

ウイルス問題が終息した訳ではない状況の中での懸念が浮上し、
感染防止を考慮し、集まらず、各人の住まいから歌ってもらう事に。
いやー、これこそ、今だから出来る事ですよね。

紆余曲折を経て、昨日、Zoomミーティングにて遠隔収録が実現!
そこでは、遠隔ながら、それぞれのお部屋からの沢山の集合となり、
学生たちの初々しくて可愛いフレッシュな様子が
PC越しに伝わってきました。

東京と山口、それぞれの場所で、マスコミ取材の方々もお越しになり、
新曲の誕生の瞬間を収めていただきました。

そして、メインの歌い手さんは、山大を卒業したばかりの
菜央さんという方が後輩たちから指名され、東京在住という事もあり、
八王子市のオルウェイズスタジオまで来てもらいました。

初対面でしたが、とても明るい方ですぐに打ち解けて楽しい収録が開始。
菜央さんは、PC越しに再会する後輩たちに感激していました。
クリック 689KB

そして、とても良い感じに歌入れも終わり、
続いて、学生たちのコーラス入れ。
私がおひとりおひとりの歌をチェックさせてもらいながら進行。

アパートなので、思いっきり歌えなかった方、
緊張していた方、
元気よく歌ってくれた方、
様々な声が集まり、とても賑やかな感じになってきました。

後日、これらを私がミキシングして完成へと向けていきます。
膨大なデータだと思いますが楽しみながら頑張れそうです。
クリック 664KB

 昨日1日は、学生、スタッフ、取材の方々も含め、
その場に居たみんながハッピーになれた素敵な時間でした。
しかも、全員が離れていて会えない事が、より思いの深さとなって
気持ちの結束になれました。
最高です!
これこそ、人と人を結ぶ「結人祭」ですね。

 山口県の皆さん、テレビや新聞のチェックをお願いします!

収録の様子は後日スタッフブログをお楽しみに!

6月22日の読売新聞 山口県内版に掲載されました。

代表の唯さんへと橋渡しをして下さった下関の馬関奇兵隊総督の濱崎さん、
アレンジの際に助けて下さったキーボードの高橋亜土さんに感謝致します。

 山大と県大の皆さん、お疲れ様でした&ありがとう!
皆さんの初々しくてフレッシュな人柄がこの曲に素敵な風を入れてくれそうです。
完成をお楽しみに。

結人祭、無事に開催されることを願っちょります。
日程合えばギター弾きにいくけーねー!
あわんかったらごめんね。(笑)

写真は、結人祭公式ツイッターより拝借。

関連過去ブログ
2013年にも結人祭へ出演したこともありました。

ミニ琴「琴音ちゃん」を買った。

先日のロンリーBirthday配信で初登場した小さな琴。
本番2日前に到着!
クリック 1,639KB

小さいのに、すっごく奥深い素敵な音色。
その時に皆さんからのコメントも寄せられました。

実は、私が8歳の頃、
ギターを始める前、学校で琴を習っていました。
その時の経験あってか、今でも和の音使いへの意識があります。
ステージでも、琴をその都度お借りして何度かギターと一緒に弾いたことがあります。

そういうこともあり、ギター感覚のミニ琴が、長年ずっと欲しかったんです。
前々から調べていたんですが、思ったより大きかったり、
ちょっとイメージと違ったり、高価で買えなかったり。

そして、やっと辿り着いたのが、
山口県宇部市、「たましげ琴製作所」。

なんと、創業が明治27年、1894年。
代々受け継いでこられて、今は4代目と5代目だそうです。

ここで買いたいと思った一番の決め手は、郷里の山口だったこと。
そして、長い歴史と、制作過程に感銘を受けました。
公式サイトにTV放映の様子も掲載されています。

美瑞穂に写真を見て説明してもらうと、そこで一気にイメージが出来、
早速電話をして、いろいろと教えていただくうちに、ここでの購入を決定。

届く時間が待ち遠しくて、その日は仕事が手につかずソワソワ。
届けてくれた宅配のお兄さんに「待ってましたっ!」と言いたい興奮を抑え、
初めて箱を手にすると、軽くて小さい印象。

部屋でゆっくりと開けてみると、美瑞穂が芸術品を見るように、
「うわ〜・・・!綺麗!素敵な琴だねー!
こげ茶色の深みのある色合いで、両端の布が花柄になってる。」と

手触りも、木目から深みを感じ、小さくてかわいい。
これが80cmサイズの「琴音(ことね)ちゃん」。

早速、琴柱を1本1本の糸に立てて調弦。
子供の頃を思い出す感覚。

全体の調弦が整い、ポローンと13弦をストローク。
わ〜〜〜!美しい〜〜〜。
琴は小さいのに、本体から響き渡って広がる音色に感動しました。
短いのに、こんなに音が伸びるように設計する技術は凄い!

小箱を開けると向こうの景色、何百年前の日本を覗けたようです。

そして、絶対初めて弾くのはこの曲にしようと決めていました。
2012年リリース「アヴェ・マリア」のラストチューン「日本の四季」

当時、琴の調弦を考え、それぞれの四季を描いて一生懸命作った曲。
明かしますが、この時は都合で琴が調達出来なかったので、
様々な音源から音色を作ってレコーディングしました。

同年の下関ドリームシップ大ホールでは、琴をレンタルしてこの曲を弾きました。
この公演に合わせ、母校の倶楽部の顧問の先生(男性)が手配して下さいました。
琴のお上手な弱視の先生でした。

お借りして、リハーサルでは良い感じだったんですが、
本番中、イントロで琴柱を倒してしまうハプニングがあり、
曲は進んでいるのに、ベースの仮谷さんが走って拾ってくれたことがありました。
その速さたるや忍者のごとく。
今でも時々笑い話になります。

そんなことを思い出しながら、琴音ちゃんで弾く日本の四季。
まだ上手には弾けないけど、すっごく美しくて深みのある音色。

美瑞穂が、「和の音って、いいねー。落ち着くねー。」と。
本当にそう思います。
クリック 47KB クリック 43KB

素敵な楽器を手にして、また新たな制作意欲が湧きます。
ギターの原点に帰って、こうして弦を触っていると、
なんともいえない気持ちになります。
たましげさん、ありがとうございました。


  琴の思い出話。

・小2、
土曜の放課後に、邦楽同好会への勧めがあり、
尺八と琴の選択肢がありました。

私はこの時、まだ弾いていなかったギターにも興味があったので、
弦に触れられるのであればと琴を選びました。

3歳の頃に、空き箱に輪ゴムを数本はめて、和音を作って弾いていたので、
弦に対しての特別な気持ちがあったんでしょうねー。

ピアノのレッスンへは、5〜14歳まで通っていました。

初めて琴の教室に入った時の記憶はないですが、
次週、あまりにも楽しみで、誰より先に教室へ行き、
先生と生徒数名分の琴を運び、並べて、
調弦をして待っていたことは憶えています。

すると、先生と先輩の生徒たちが来て、凄く驚かれて、
先生に大層褒められたことが嬉しかったです。

今思えば、8歳の小さな身体で、当時は光しか見えていなかったのに、
あんな大きな琴を6張も運んで、よく壊さなかったなーと
思い出すとヒヤヒヤします。
でも、それだけ楽しみだったんでしょうねー。
今もそういうところは変わってないですが。

以来、先生にはかわいがってもらえたんですが、
お作法が厳しく、叱られる生徒たちも多く、
私も段々息苦しくなっていました。
「琴を叩いて、叱って、作法に厳しいのに、楽器を叩いてええんかな?」
と心でつぶやく田川少年。(笑)

・3年生から自宅でギターを弾くようになりました。

・4〜6年生、中国地方5県の盲学校の交流の一環として、
琴の演奏で鳥取と岡山へ行きました。

その時に、先輩のロックバンドがKISSやJOURNEYを演奏していたところにすっかり心を奪われました。
その話はまた別記事で。

次第に、自宅でギターを弾く時間も長くなり、
その時のピックで琴を弾いていると先生から大目玉。

・中1、
「先生、ギターを弾き始めてロックバンドをやりたいので辞めます。」
「好きにしなさい。」
当時70代の女性先生との最後の会話。今でも心残り。

でも、おかげでギターの奏法への影響にもなったり、
作法や伝統のことも教わったので、時々思い出しては先生に感謝。
なんでも、経験は将来を作ってくれますねー。

琴と三味線が揃ったので、ますます「和」を取り入れた曲が作れそうです。
基本はロックやメタル系ですが。(笑)

2020年6月9日ロックの日は

皆さんのおかげでロンリーバースデー配信も無事に終了し
今日も沢山のメッセージをいただいています。
ありがとうございます。

見逃しちゃった方、大丈夫。
6月21日までは録画でご覧いただけます(笑)。

さて、昨日のロックの日は、我が家でステイホームな誕生日パーティでした。

事前に二人で買い物へ行き、
日中から美瑞穂がキッチンでディナーの準備。
楽しそう!

その間、各地からいただく誕生日メッセージを読む私。

足りないものがあるので再びスーパーへ夕方散歩。

帰宅して、しばらくすると、テーブルの上が整ってきました。
ジャジャーン!
クリック 52KB クリック 34KB

大きなチーズカボチャのサクサクコロッケ、
夏野菜のポトフ、マカロニ&野菜サラダ!
豪華〜! ドリンクでおめでとう乾杯〜!
ファイル 2502-1.jpg

私のリクエストでコロッケという子供みたいですが(笑)
念入りにつぶしたカボチャとポテト、ひき肉、玉ねぎ、チーズイン。

ポトフは、これからのシーズンに合うさっぱりした味。
玉ねぎは下関の実家、キャベツは親戚宅、
それぞれ自家栽培。

話題は、先日の配信ライブの振り返りや、今後の企み、
くだらない雑談などの楽しいディナー
二人でお腹いっぱい美味しくいただきました!

さらに、バースデーケーキにと、フルーツゼリーまで作ってくれました!
でも、二人ともお腹いっぱいで入らず、今朝の朝食でいただきました。
涼しい食感で、32℃の暑い今日にぴったりなデザート。
フルーツ大好物の私!
クリック 1,151KB
朝食には、昨日のマカロニサラダでトーストサンド。

どれも、味からも伝わる、手をかけた一つ一つの行程。
終わって、洗い物をしながら一つ一つのメニューを思い返す時間が好きですねー。

世の中、こういう状況になったとはいえ、
そんな中でも、今年も無事に二人で誕生日を楽しく過ごせて
なんともいえない感慨深さ。

そして、誕生日は両親に感謝する日。
昨日、実家に電話して4人で大盛り上がり。

美瑞穂の両親からもおめでとうメール。
両家家族と、いつまでもこうして元気でいたいものです。

 あ、一つだけ残念なのは、我が家でのいつもの天然事件がなかったこと。
唯一、
み「あれ?皮むき機がなーい。どこかに落としたのかな?」
(一生懸命捜す)
た「さっき使ってたよ。シンクに置いたと思うけど?」
み「え?ほんと?・・・あ、あった。見てたでしょ?」

まぁこのぐらいかなー。

こちらは、この前のロンリー配信で美瑞穂が注文してくれたケーキ。
ファイル 2502-2.jpg

終了!ロンリー配信!ありがとうございました!

6月7日、ご覧下さった皆様、
本当に、ありがとうございました!!

ソロライブ初の配信でしたが、いかがでしたか〜?
見逃しちゃった方、今からでも電子チケットゲットで観覧可能で〜す。
https://twitcasting.tv/c:studio_always/shopcart/6072
クリック 1,042KB クリック 1,594KB

本番中に、沢山いただくコメントの数々、
会場でお会いする事が出来なくても、
だからこそ感じる、遠方からの声援に感動でした。

日頃周れない地方の方々にもお届け出来たのも良かった。

音が良いというコメントにほっとしながら、
スタッフの力の結集だなーと。

動画って、無料でも普通に見れたりするけど、
それはあくまで知ってもらう為の方法とか、純粋に楽しんでもらいたいとか、
サービスだったりとか、いろいろあると思います。

今回のように有料配信だと、一同で出来る事も増えてくるので、
皆さんにお買い上げいただく事がライブ配信運営に繋がる有難さを実感しました。
それって、通常のライブと同じなんですよねー。
スタッフと視聴者の皆さんと一緒に作り上げてもらったバースデーライブでした。
おかげでロンリーでなくなった(笑)。

と、書きたいことはてんこ盛りですが、
今日はひとまず終了報告とお礼投稿でした。

もしまた見ていただけるようでしたら、時々配信したいと思います。
この企画を全力でサポートして下さったオルウェイズスタッフ、
一生懸命電子チケットを購入してご参加下さった皆さん、
美瑞穂共々感謝です。

「6月9日ロックの日」を前に、
幸せなバースデー・イブイブ配信となって最高です。

クリック 372KB ファイル 2501-1.jpg

今は、また一つ、無事に年を重ねられる誕生前夜。
二人で昨日の録画をプレイバックしたり、
今日のNHK Eテレ「B面談議」や、
昨日いただいた皆さんのコメント欄を楽しんでいます。

 そうそう、ロンリー配信、開演前と、休憩後のスライドショーは、
美瑞穂が初チャレンジで作りました。
ステイホーム期間に一生懸命習得。
それが私のナビゲートという不思議な我が家(笑)。

日曜は初のソロ配信でバースデーと新曲!

ご予約下さった皆さん、ご参加予定の皆さん、
本当に、ありがとうございます。
メニュー盛沢山でお待ちしています!

そして、この日、初公開の新曲も披露します!
お楽しみに〜!

直接お会いする事は出来ないけど、
なかなか行く事が出来ない地方の皆さんにも見ていただける良さもあり、
私たちも楽しみにしています。

今日の夜8時から30分間、ご予約下さった皆さん宛てのテスト配信をします。
そこで受信できるかテストできます。
https://twitcasting.tv/c:studio_always/shopcart/6072
クリック 140KB

会場ではないとはいえ、自身の記念ライブに向けた、
ピーンと張ったこの気持ちがなんとも心地良い!
早く本番を迎えたいような、終わりたくないような。(笑)

先日、リハーサルとスタッフ打合せも済ませ
今は自宅で個人リハーサルをしたり、
美瑞穂と様々な案件を確認しながら明日へ備えています。

そんな中、昨日は、とある楽器が届いて、20年越しの夢がかなった日。
ついつい夢中になってしまいました。
ヤバイです!最高です!感動です!
うまくいけば、明日の配信ライブに連れて行きます。
そこでこの話をします。

あとは、ギターの練習をして、
持ち物チェックして、
いつぞやのバースデーのように衣装も忘れないようにして、
体調整えて、しっかり準備して向かいます。

 すっかり気候が夏に入ったここ東京。
天気アプリで、日の出日の入り時間が、夏至の時間に近づいてきているのを感じます。

この前、夜にベランダへ出た美瑞穂が
「あ、夏の夜の匂いだ。」
というので外に行くと、どこかからか吹いてくる草木の風が初夏の香りでした。
朝も、太陽が強くなってきて、いよいよ夏かーと、
このシーズン、好きですねー。
やっぱり、自分と美瑞穂の誕生月は特別な気持ち。

さて、練習するとしますかー。
皆さんも良き土日を。

【ロンリーBirthday Night!】

さて、解除になっても、音楽関係はまだ完全じゃないっぽいので、
恒例だったバースデーライブ、今年はスタジオ配信じゃ〜!
パーティライブはできなくなったけど、リモートパーティでご自宅から盛り上げていただけたらなーと。

ロックの日のイブイブということで、
6月7日(日) 20時〜
電子チケットでご覧いただけるので、
よかったら、いえ、是非、いえ、どうしても、いえ、絶対お見逃しなく〜!

事前のリクエスト募集中。
「これをやれ」「あれを弾け。」

当日は、リアルタイムでのメッセージを美瑞穂が読みます。
ご参加お待ちしています!

https://twitcasting.tv/c:studio_always/shopcart/6072
クリック 531KB

ステイホーム魚事件

今朝の朝食での会話。

み「今夜は真ダイのフライだよー。」

た「え?凄い!しかも、タイをフライにしてしまうとは!
緊急事態宣言解除のお祝いか?
まさに我が家の緊急事態!」

以降、真ダイのフライを、ずっとずっと楽しみに1日頑張る私。

夕方の会話。

た「いやー、真ダイ、楽しみやなー。」

み「あっごめん、真ダイじゃなくて真ダラだった。
273円でタイなんて買えないしー。
でも美味しいよー。」

えーっと、この上がった気持ちをどうすれば?
我が家の緊急事態。
ん?でも、サクサク、とっても美味しくいただきましたー。

写真は、真ダラのフライ、自家製タルタルソース、
玉ねぎと小松菜の胡麻和え、千切りキャベツ
なるべく有機で無添加。
クリック 1,120KB

前日の続きの豆腐きんちゃく
この他映ってないけどなめこのお味噌汁。
クリック 1,087KB

ステイホーム要請で、市外に出ず、2カ月半電車に乗らず、
ライブも中止や延期をしながら自宅待機。
でも、休むことなく毎日食卓を華やかにしてくれることで
我慢は全く感じず、音楽にもゆっくり向き合えて
楽しく過ごせているステイホーム。
ご苦労様&ご馳走様です。
会話はいつもあんな感じですが。(笑)

遠隔コラボ

それは、facebookで、和佐田さんが、ファンキーさんのドラム音源に合わせて
ベースを弾いている動画から始まりました。

それを、カンボジアにいるファンキーさんがきれいに整えたり、
ついには二井原さんが1まわしだけ乱入したり!

それを聴いてしまっては混ぜくりたくなるのが人情。
私も1まわしだけ参加。
その動画はこちら!

最初は、音源だけを送ったんですが、
美瑞穂が「動画もあった方が良いんじゃない?」と言ってたら、
ファンキーさんから「映像ないの?」との返答。
やっぱりー!ということで、iPhoneで美瑞穂に撮ってもらいました。

20秒ぐらいの動画だけど、
角度とか色々調整してもらったりして、
気がついたら1時間、二人とも夢中で撮影。

音源は録音しちゃってたので、
同じことを絵で弾いて、音源と絵のファイルを私が合わせて送付。
二つのファイルを合わせて、動画の音をミュートするだけだし。
もうすっかり音と絵を合わすの慣れました。
それを眺めている美瑞穂も普通になってきました。(笑)

他にも、ハープの西村ヒロさんが加わったバージョンもあって、
素敵だなーと聞きほれてしまいました。
ヒロさんの部分も入れて欲しいなー。
個人的にはイントロとか。
このあとの展開も楽しみ。

みんな住まいは海外とか離れてるのに、
こういう面白いことで遊べるなんて、音楽は素晴らしい!

歌を料理してくれるZOOM V6

ZOOM社のボーカル用アイテム「V6」がやってきました。
注:ミーティングのZOOMと、ジャニーズのV6ではありません。
クリック 1,138KB クリック 996KB クリック 1,086KB

声が色んな形に変化して面白い!

ハモリをつけてくれたり、男性声を女性に、女性声を男性に、
ケロケロボイスの効果を出したり(私は「階段ボイス」と呼んでます)、
ボイスパーカッションが出来たり、
歌う場所が、小部屋から大ホールまで様々だったり、
まだまだ書ききれない多機能。

特に面白いのが、同じ声の高さで、声のキャラクターを変えられること。
右のペダルで変化させるんですが、自然に変えると、本当に別人みたい。
コンピュータ上では普通にできることですが、
これをPC無しのリアルタイムで作れるのが便利。

今作ってる曲、女性シンガーに歌ってもらう予定だったのが、
自粛環境により不可能になった為、
私のバーチャルシンガーで仕上げていたり。
田川ひーこ。(笑)
これが、けっしてわざとらしくなくて驚きます。

いずれ、面白いのが出来たら音源を載せたいと思います。
アイデアが膨らみます。

V6に同梱されているマイクが素晴らしい!
歌声をクリアに発してくれます。

そんなこんなで、ライブやイベント予定が飛んでしまった中、
作曲モードでいろいろやっています。

細かな付属品を買いそろえたり、
録音であれこれ試してみたり、
弾いたり、歌ったり、叩いたり、
機材の接続や組みなおしをしたり。

なーんか、10代の夏休みとか、
学校を卒業して音楽仕事を始めた頃とか、
時間があった時に、こうやってよく研究してたなーと。
遊びともいう。 や、音楽は遊びです。(笑)
どんなのができることやら?

ガチャガチャ賑やかにやっていると、
「何ができるの?」
と笑いながら様子を伺ったり写真を撮ったりする美瑞穂。
私にも、わっかりませーん。(笑)

 そんなこんなで、4月の終わりの朝、ベランダに出ると、一瞬、夏の香りがして、
いよいよ夏が来たなーと思っていたら、5月に入るとどんどん気温上昇。
そんな今日は30℃だった初夏の制作日記でした。

6月13日のバースデーライブが中止になってしまって皆さんに申し訳ないですが
また様々な形で楽しんでいただけるように美瑞穂が準備しているのでお楽しみに。
色々と情報がスタッフブログにアップされているのでチェーック!

流行りの「うたつなぎ」がまわってきたので

ツイッターでリレー形式でまわってくる「うたつなぎ」や「リフつなぎ」
私は、なぜか「リフ」ではなく「うた」でまわってきました。(笑)
下記より動画をご覧ください。


それにしても、40年以上経っても色褪せない名曲ですよね。
父が、アニメ映画が収録されたハチミリフィルムを買って
映写機に映して兄と私に見せてくれたことがあります。
当時、光しか見えなかった私でも、
部屋を暗くした中でのピカピカする動きはよく憶えています。

実家にフィルムがいろいろ眠ってますが
映写機は手放してしまいました。
この前も父が「デジタル化できるとええんじゃけど無理かなー?」と言っていました。(笑)

ちなみに、動画で足につけているのは(笑)、
田川ステーションではおなじみのフットジングルで、
日本では キクタニミュージックから出ています。