本文

横浜みなとみらいホール 「デーモン閣下の邦楽維新Collaboration」に行ってきました。

クリック 27KB
閣下と邦楽演奏、とだけでは言い表せられない舞台で、
様々な世界観が味わえて、猛烈に感動しました。

しかもホールいっぱいのお客さん。
聖飢魔IIの曲の時は場内大歓声でした。

 そして、閣下の朗読。
その中で、夜道を照らす月の描写があったんですが、
月を見た記憶が殆どない私も、本当に見ているかのようでした。

作者の脳内にある絵を、読み手を通じて、聞き手の脳内に映し出す瞬間。
これは、上手に読むことや、抑揚をつけることもそうですが、
「聞き手側に立った読み方」だからこそだと思いました。

先日も書きましたが、閣下は見えない私へ、
目の前に何があって、誰が居て、何をしていて、
と、ごく自然に適格な状況説明をして下さるんですが、
これも、「相手側に立った解説」だからこそで、
この朗読にも共通するものを感じました。
朗読を超えた、お芝居の役者のようでした。

それを奏者や画家の方々で景色を作り、抒情的、厳粛、幻想的に膨らませて、
ユーモアや笑いも織り込んだ空間を演出されました。

 ご出演は、尺八の三橋貴風先生、箏の外山香さん、
笙の豊明日美さん、打楽器の和田啓さん、境界剪画の杵淵三朗さんでした。

尺八で、月、夜空、風の音を出し、
箏で、喜怒哀楽から綺麗な女性の姿まで表現し、
笙で、千年以上前にタイムスリップするかのような空間を作り、
打楽器などで、光の音、怖い音、包み込む音などを出して、
これらが絶妙に調和されて、一つの作品が構成されていました。

個人的には、三橋先生のお声は閣下のラジオで、
又、尺八も曲の中で聴いていたので楽しみにしていました。
そして、昨日3月10日がお誕生日との事でサプライズのケーキが舞台へ。

本編が終わっても、トークショーが続き、これがまためちゃめちゃ面白かった。
朗読中のハプニングや裏話、準備にかけた出演者の思いなど、
全3時間45分、全く飽きさせない構成と空間でした。

 そういえば、閣下の前説があって。 各注意事項の中に、
「いくら興に乗ったからといって、がんばっぺ福島のように自分の席を離れる事はご法度である。」
というくだりがあり、美瑞穂と私は思わず大笑いでした!
先日のがんばっぺはシークレットゲストだったので、
お客さんは、「なんだろう?」だったかもですが(笑)。

BGMは「GEISHA FUJIYAMA SAMURAI」、石黒さんとの合作ですね。

 ところで、シリーズは違えど、2004年7月、下関市民会館で行われた
「怪談狂言 耳なし芳一」には行った事がありました。
閣下は安徳天皇役で、全体を通じて物凄く面白かったのを憶えています。
昔、ここのブログでも書いた事がありますが、記事、残ってなかった(笑)。

 邦楽維新Collaboration、今年で20年目になるそうですが、
今まで足を運ぶ機会が無かった事に後悔すると共に、
舞台を通じて沸き上がる感情、そこから感じる各々の考え。
こんな素晴らしい機会が体感出来た事にワーストでアンハッピー。
また行きたいです。

そして、今日は、先日の「がんばっぺ福島!」でご一緒した、
被災地への思いを歌にした「SOLA」に続き、
昨日聴いた歌を思い出し、改めて「311」に思いを馳せています。

 最後に、私は、あの朗読で、聴きたい、観たい景色があると思いました。
朝日、夕日、影の見え方、海、山など。
閣下が脚本して、曲に合わせて朗読、演技、歌唱していただけると良いなー、と。

【デーモン閣下と悪夢の共演!】

ベルサール東京日本橋で行われた『がんばっぺ福島』
クリック 83KB

前回の記事はこちら。

ライブが佳境となったところで、公太さんが
『このイベントに一言モノ申すという男を紹介します。』
と促し、バンドの不穏な音に合わせ、
どこからともなく不敵な笑い声が。

「ウッフッフッフッフ・・・・。
スパリゾート常磐ハワイアンズの奥深く、
一見、なんの変哲もない、古い酒蔵~』

と、シークレットゲストとして、
デーモン閣下が御降臨。(御昇臨?)
場内、大歓声。

いわき海星高校と相馬農業高校の名を織り込みながら御口上が進み、
閣下らしい大サービスで、場内は更に大ヒート。

『お前も、福島の酒を飲ませてやろうか!』
そして、『蝋人形の館』を大熱唱。

私が知る限り、近年ではこの曲をあまり披露されていなかったのではと。

メンバーは、『ATOMIC POODLE』より、
五十嵐公太さん、満園庄太郎さん、加納秀人さん、
そして田川ヒロアキ。
お客さんも一緒に大合唱で壮絶な盛り上がりでした!

続いて、東日本大震災の後に、
閣下が被災地へ思いを寄せて制作された
『SOLA』を歌唱。

デビュー以来のファンである私としては、
この曲のリリース当時から好きな曲なので、
より思いのこもった、印象深い瞬間となりました。

そして、ラストは、田村直美さんも再登場で、
より賑やかになり、
アンコールでは、出演者全員で大合唱。

こうして、福島への思いを合わせる事が出来るなんて、本当に素敵なイベントだと思いました。

本番中はお仕事なので、
終演してから数分の短い時間でしたが、
バンドメンバーで福島のお酒を美味しく頂きました。
これがまさに、福島のお酒を飲んで応援しよう!ですね。

さて、個人的なことですが、
閣下とは、以前も共演させていただいたことがありますが
http://fretpiano.com/hiechan/staff/blog/diary.cgi?no=226

今回、こういう形でバンドでのステージは初めてで、
この機会を作って下さった浅野社長と公太さんに感謝するばかりです。

閣下は、見えない私に、まるでスポーツ中継のように、周囲の状況説明を
して下さる細やかな配慮で感動します。

周囲のどの位置にどなたがいるか、
今、誰が何をしているかなどを
さりげなーく、しかも自然に、
スピーディーにガイド。
以前お会いした時もそうでした。

田村直美さんやバンドメンバーも
随所随所で配慮して下さったりと、
こういう環境に囲まれて、心温まる時間でした。

美瑞穂もすっかり安心していたのではと思います。
しかも、帰宅してから、『聖飢魔II、聴かせて!』と、すっかり魔力にかかった模様。

それと、本番中、
閣下が私の肩にお手を置くので、
危うくミストーンを出してしまうところでした。金縛り?
こんな不幸に見舞われてしまい、『呪!』
(注釈:人間界でいう「お祝い」の意味)
クリック 70KB クリック 74KB

 というわけで、今後のアメリカレコーディングの準備へと戻るとします。
すっかりエネルギーを吸い取られ、
いえ、頂きましたので。(笑)

【がんばっぺ福島!応援の集い in ベルサール東京】前編

飲食企業である無洲と毎日新聞との主催で毎年開催されている
福島の食材とお酒を頂いて応援する行事。

私は初回以前、レストランピアシスで開催されていた頃から
出演させて頂いていて、この集いが回を重ねる毎に膨らんでいくのを
実感しています。

いわき海星高校と相馬農業高校の皆さんが一生懸命準備した食材で、
無洲の料理スタッフさんが700名近くの来場&出演者の分を調理して
全席にふるまって下さるという愛情こもった行事。
しかも、ものすごく美味しくて満腹!
スタッフブログ→ http://fretpiano.com/hiechan/staff/blog/diary.cgi?no=2092

そんな中、福島の民謡、踊り、演奏、歌などで楽しみ、
お酒もどんどん進み、場内の宴会ムードが高まった頃、
私たちのライブへと展開。

今回は「ATOMIC POODLE(五十嵐公太さん、満園庄太郎さん、加納秀人さん)
そして、なんと!歌手の田村直美さん!

アニメ「魔法騎士レイアース」の「譲れない願い」を、
直美さんご本人が、突き抜けるハイトーンで大熱唱!
お客さんを大ヒートの渦にしてしまう凄いパフォーマンスでした。

私にとって、直美さんと加納さんはお初でしたが、
公太さんと庄太郎さんとの心地良いリズムと共に凄く刺激されたステージでした。
加納さんのぶっといギターサウンド、凄かったー!

スタッフブログ→ http://fretpiano.com/hiechan/staff/blog/diary.cgi?no=2090

そして、ここで、がんばっぺ福島に、シークレットゲストとして、
なななななな、なんと!
続く。(笑)

SHURE JAPAN訪問

昨日、SHURE JAPANにお邪魔してきました。
私が、ギターワイヤレス、マイク、イヤホンなど、Shureをよく使っていることから、
アストロサーブの奥谷社長が連れてって下さいました。

いつも、ステージではギターをワイヤレスにしています。
2年半前に島村楽器で「GLXD16」を購入。

音質劣化やノイズが無く、
長持ちする専用バッテリー、
電源スイッチが長押しではなくスライド式で起動も速いこと、
軽量で、ギターのストラップにも装着しやすいことなどの理由で愛用中。

以前、トランスミッター(送信機)を追加で買ったんですが、
それが認識しなくて困っていました。
すると、今回の訪問であっという間に解決。

送受信機、それぞれのリンクボタンを同時長押しすることで認識しました。
Bluetoothのペアリングと同じですね。
なんてことはない原因(笑)。

他にも、マイクやヘッドホンの話をしたりと楽しい訪問でした。

ヘッドホンの「SRH1840」を試させていただいたんですが、
これ、めちゃめちゃ良いサウンドですね!
映画館に居るような臨場感と迫力があるし、
この曲にはこんな音が入ってたのかーと気付くほどで、
音楽鑑賞やレコーディングの良い環境になりそうです。

奥谷さん、Shure沢口さん、ご縁をありがとうございます。
クリック 56KB クリック 44KB クリック 52KB

ファイル 2088-1.jpg ファイル 2088-2.jpg

【東京で山口県人の大懇親会10周年に出席してスピーチも!】

昨日は、九段下のホテルグランドパレスで開催された、
山口県にゆかりのある方々が集まる
「長州友の会」に出席してきました。

200名近くの参加で、山口に係わる著名な方々も来られていました。
昼食を挟みながら、クイズ抽選会があったりなど大盛り上がりの楽しい会でした。

著名人によるスピーチとの事で10数名の方々のご挨拶があったんですが、
委員会議長の有吉さんの推薦で、私もステージへ呼んでいただきました。
自己紹介、ふるさと大使、山口のメディア番組曲、
アメリカへ2020年に向けた曲作りへ行く事などをスピーチ致しました。

この時間がきっかけとなり、初めての方や、久々にお会いする方々と歓談出来て、
良い機会を作っていただけたなーと。

先月も、下関カモンFMの社長が主催の「冨永会」にも出席したりで、
山口から始まって、東京でも新たなご縁が沢山出来ています。

会議長の有吉さんをはじめ、今回ご縁が出来たり、お会い出来た皆さん、
ありがとうございました。
クリック 183KB クリック 134KB

アメリカLAレコーディングへ下関から応援記事!

下関で強力な応援をして下さっている濱崎康一さんの投稿を下記に掲載いたします。
よさこい「馬関奇兵隊(ばかんきへいたい)」の総督で、
様々な企画のリーダー格です。
****************************************

◆田川ヒロアキを、今こそ応援していただきたい!❤
〜LOUDNESSの二井原実さんも絶賛応援中〜

拡散大希望♪ 下関出身の盲目の天才ギタリスト・田川ヒロアキ。今、東京五輪・パラのウェルカムソングの製作資金を調達するクラウドファンディングをしています。彼が長年関わってきた、スポーツと文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」でのパフォーマンスが評価されて、ロスで現地のミュージシャンらとウェルカムソングを作る企画が着々と進行中です♪♪

クラウドファンディングはあっという間に目標金額に到達して、≪めでたしめでたし≫…かと思いきや、先日下関に戻ってきた本人から事情を聞くと、実はまだ道半ばなようで、本人自ら一生懸命いろんなとこに出向いて、この企画の支援をお願いしております。

皆様ご存じの通り、誠実で正直者の田川くんとMIZUHOちゃんは、「あんまり高額な目標金額を最初から掲げるのは…」と遠慮をしてしまって、控えめな目標金額を設定したようで、充実したプロジェクトを実現するために、もう一押し、二押しの支援が必要な状況です!

地元下関から、ふるさと山口県から、そしてこれまで彼とご縁のあった皆様から、是非、熱い応援をお願い致します!支援は4000円から幅広い金額設定があります!。詳しくは一番下のURLをみていただくとして・・・ここからが大事なとこです!

★2日前に、LOUDNESSの二井原実さんが、このクラウドファンディングに対して、すごく胸を震わせるようなメッセージをアップされていて、この世界の二井原さんのエールを共有したくて、コピペさせていただきます!以下コピペ

************************************************
現在、田川ヒロアキと言う名前は
日本のロック音楽業界においてかなり有名であり、
誰もが一目を置く存在である。
彼の持つ才能は、
彼の奏でる数小節のフレーズを聴いただけで
度肝を抜くものであり、
その才能が日本のロック業界において
すぐに話題になったのも全く不思議ではない。
それほどの才能を武器に、
地道な活動を続け今日に至っているのだが、
本来は国内のみならず、
世界を相手に大きく羽ばたくべき才能だと
言うのは皆の共通の思いであろう。
さて、4月からLAにてレコーディングすると
言う話を聞いた。

これは色んな意味で大きなチャンスだと思う。
まずは、海外アーティストとの共演で
新たな刺激を受け、
ギタリストとしてミュージシャンとして
大きな成長をするであろうこと。
これは本人の確かな自信に繋がり
次のステージ(レベル)へと押し上げるのは確実だ。
もう一つは、新たな人との出会いである。

この世界はどこで誰が見ているかもしれない。
思わぬ所から凄いチャンスが舞い込んでくるかもしれない。
チャンスとは行動無き人には舞い込んでこないのだ。

このLAレコーディングで
田川ヒロアキの新たな可能性が
開花することを心から祈っております。
勿論、一回のレコーディングで
何も成果が出ないかもしれないが、

挑戦を続ける限り
チャンスはゴロゴロ転がっている、

要は諦めないことだ。
わしの夢は、
いつの日か、
田川君と一緒にワールドツアーに出て、
世界のステージ暴れまわることである。
その日が来るのを
密かに虎視眈々と狙っているのだ!(笑)
兎にも角にも、
カリフォルニアでは
公私ともに思い存分楽しんで来て欲しい!
土産話も待ってるよ〜!
Kick some ASS!
 二井原 実  ♪ Minoru Niihara ♪
*************************

ということで、地元下関から、地元山口県からも、大きなエールを届けたい!!
皆様、是非是非、クラウドファンディングに参加をしてください
企画の詳しい説明動画も、
クラウドファンディングの登録も
こちらのURLからできます!

https://camp-fire.jp/projects/view/105542

田川ヒロアキ応援団下関支部長
濱崎康一


濱崎さんのfacebook記事はこちら!
クリック 153KB

【名古屋のバンド「B.S.R.」のライブへ】

昨年の田川ツアーの際、名古屋公演を盛り上げに観に来て下さった
「B.S.R.」の結成25周年ライブが六本木の妙善寺で行なわれるとの事で
昨日、下関から新幹線に乗って行ってきました。

名古屋のアニソングループ「AMBER-G758」とのカップリングライブで、
2バンドとも名古屋から日帰り運転で来られたとの事。ようこそ東京へ〜!

昨年、ヴォーカル石川さん、ベースKatsubowさん、ドラムBunriさんが
私のライブへ駆けつけて下さったんですが、
1曲目から会場のギターアンプの音が出なくなるトラブルがあり、
それを客席からKatsubowさんが飛んできて直して下さったことがありました。
B.S.R.との出会いです。

なので、東京公演の時は絶対聴きに行こうと美瑞穂と決めていました。

ライブは、アニソングループ、AMBER-G758からスタート。
お!この曲はよく知ってる!これ、昔、高校の頃にバンドでやったぞー!
など、いろんな事を思い出しながら聴いていました。
3名のヴォーカルの方々がきれいにハモったりと原曲にはない味を加えていたのも印象的でした。

転換時、住職さんが落語を披露されたりと、ユニークなお寺だなーと。(笑)

続いてB.S.R.のライブ。
25年の結束力と味を感じる歌と演奏で、時間が経つにつれて会場を
どんどんヒートアップさせていくこの感じが、まさにライブだなーと
一緒に手拍子していました。

こっそり聴きに行くつもりが、前日に大々的に私の事が発表されたり
ステージからご紹介下さったりと、過ごし方が分からない恥ずかしさもありつつ(笑)、
最後の最後までメンバーの皆さんが寒い外までお見送りして下さったりと、
大阪のパーカッション織谷さんがきっかけでこういうご縁が出来て嬉しいなーと
美瑞穂と話しながら電車で自宅へ向かいました。

次に名古屋へ行く楽しみが出来ました。
25周年おめでとうございます!
クリック 62KB クリック 61KB クリック 44KB
ファイル 2076-1.jpg
ファイル 2076-2.jpg

下関にあった路面電車

私が生まれる前、下関には路面電車があったそうです。
今日、下関で行なわれた、「懐かしの路面電車 復活上映会」に家族で行ってきました。
クリック 235KB クリック 218KB

父は、その路面電車と廃線後のバスと、
計43年運転手を勤めてきました。

父に、上映時のトークショーへの出演依頼があったようですがお断りしたとのこと。
母と私がヒヤヒヤだったかもですが聞いてみたかった気も。(笑)

父から路面電車の話もよく聞いていました。

上映では、廃線になる日に、市民の方がハチミリ撮影をされた映像を元に構成。

そういえば、我が家にもハチミリ映写機があって、
旅行や運動会になると父が張り切って撮影していました。
我が家にスクリーンもあったのを憶えています。
フィルムは3分しかないので、複数のフィルムを繋いだりして。
あ、話がそれましたが。(笑)

今回の上映では、当時の街並みや路面電車などが映されていたそうで、
美瑞穂や両親が私に耳打ちガイドをしてくれたりなどで楽しみました。
両親は景色や電車を懐かしがっていました。

こうやって、父が市民の方々や道路をお預かりしていたんだなーと、
私が生まれる前の下関に思いを馳せたりしました。

全廃後、下関の車両は高知県で走っています。
その中には、父が動かしていた列車があるでしょうねー。
700系と800系の一部とのこと。
高知に行ったら載ってみたいなー。

それと、こうして、美瑞穂と両親と下関の映画館に行けたのも
なんだか感慨深い時間でした。

父のお仕事。(笑)
クリック 126KB

渡米に向けてのCAMPFIREページとビデオの制作秘話

LAレコーディングへのクラウドファンディング、
皆さんからのご支援のおかげで目標額を超える事が出来、
感謝と感激の思いを次の目標に向けています。

当初は、100%は無理だろうと思っていました。
ですが、決めたからには良い結果を出したいと思い、
昨秋からCAMPFIREのページと、トップのご挨拶ビデオを
一生懸命美瑞穂と作りました。
今回は、そのビデオメッセージとページ作りの話を書きます。

 【ビデオ作り】

まず 原稿を書き、スタジオで美瑞穂が撮影して、自宅へ持ち帰り、
より思いが伝わるように、写真やテロップを入れる箇所を教えてもらい、
私が切り貼りしながら編集。

画面読み上げソフト「PC-TALKER」を使用すれば、見えなくても一応、
Windowsのムービーメーカーでビデオ簡易編集が出来ます。
私のYoutubeチャンネルは、殆どこれで作ってアップしています。

動画中に写真を貼るのがちょっと苦労しました。(笑)
そうするには、音声はそのままで映像だけを切り替える事になるわけですが、
音声と映像とを別ファイルにして、
後で同時再生をした時にずれなくなるように、
映像ファイルに写真を挿入した秒数を図って、
映像ファイルの音を消音して、音声ファイルをかぶせる、と。

出来上がったのを美瑞穂が見て、もっとこうしようとか、
こうした方が思いが伝わるんじゃない?などのアイデアを出してもらいます。
元からの本職。
そして手直しして、それを繰り返しながら、何日もかけてようやく完成。



 【ページ制作】

一方、CAMPFIREのプロジェクトページは美瑞穂が作りました。
私が書いた原稿を元に、長文でありながらも、出来るだけ興味深く
皆さんに読んでいただけるにはと何度も構成して、
これまでの活動や、これからの思いを伝えるべく、
毎晩遅くまで頑張っていました。

そこには、アーティストの方々の写真使用の許諾や、
バナー画像を作ってくれたスタジオオルウェイズの盛田店長など、
周囲の皆さんのご協力がありました。

さらに、皆さんに楽しみにしていただけるリターン(返礼品)を一緒に考えたり。

 そして、いざ公開となったわけですが、
まさか、半月で目標額に辿り着けるなんて、
作っていた時は思いもしていなかったので、
皆さんへ心より感謝しております。

あと50日の期間、曲作りをしながら、やれる事を頑張っていきたいと思います。

感謝!目標金額達成!!

昨夜22時頃、CAMPFIREからのメール。
「あなたのプロジェクトはサクセスしました。」

バグか何かだろうと思いながらページを開けると、
なななんと!目標額が100%!!
クリック 82KB
私から公式発表を投稿する前に、
近しい関係者の方々へ美瑞穂と手分けしながらご報告メッセージ。

その間、各地からもメッセージがバンバン飛んできています。
ちょ、ちょっと待っててー、公式投稿するのでー、と急いで投稿。

https://camp-fire.jp/projects/105542/activities/72766
クリック 66KB

速報と思いは上記に投稿しましたが、
皆さん、応援のお気持ちを、本当に、ありがとうございます。

僅か15日で突破出来て、大変感激しています!

期間が終わるまでは、こちらではお名前が表示されないので、
どなただろう?ということが多く、
メッセージで教えていただけると助かります。

 私と美瑞穂は、周囲へこの活動をなんとか知っていただきたくて、
毎日あちこちに足を運び、
気が付いたら、1日の殆どがクラウドファンディングになっていました。

通常のライブやレコーディングも減らし、
CAMPFIREへの「活動報告」の記事や、
各SNSへ投稿して、活動感を表明。
二人で挨拶回りや様々な会にも出席。
ステージでも必ずこの話をしたり、
京都PARTYでも先輩ミュージシャンの方々にお手伝いいただいたり。

皆さんからは、それはもう、凄く心温まる気持ちを沢山寄せて下さっていて、
何度もジーンとする瞬間があるほどです。
ますます曲作りへの意欲と、企画の大きさの実感をしています。

これも、皆様から頂いたご支援があってこそで、
大切に使わせて頂きます。

 それから、プロジェクトページの「資金の使い道」にも記載している内容を
こちらにも掲載いたします。

本プロジェクトでご支援頂いた資金は下記の制作費、および製造費に充当させて頂きます。
・渡航費
・楽曲制作費(レコーディング料金・スタジオ代・ミックス/マスタリング代)
・CD制作費(プレス/ジャケットデザイン/印刷)
・DVD制作費(プレス/ジャケットデザイン/印刷)
・プロモーション代(フライヤー等)
・リターンのグッズ制作費、送料等それらに付随する雑費
・CAMPFIRE様への手数料

DVDには、カメラ撮影、音声、編集もありますし、
帰国後のアフターパーティーも加わります。

CAMPFIREでは、会場やサイトスペース、アドバイスをいただいている事から
もちろん手数料17%はかかりますが、
上記を算出すると、実際に使用できるのは半分以下で、
その中から大切にレコーディング費用として使わせていただく事になります。

おかげさまで、100%を達成する事が出来ましたが、
あと53日、レコーディングのクオリティが上げられるように
頑張って活動していきたいと思います。

 また、時々、渡米時のスタッフを申し出て下さる方もいらっしゃいます。
既に渡航メンバーは決まっている為、
お気持ちだけ持って行きたいと思います。

というわけで、引き続き頑張っていきますので、宜しくお願い致します。