本文

ラジオ募集と今月のゲスト「リビングギター」 New!

毎月4週目日曜の田川ヒロアキ番組、FMおだわら78.7MHz「リビングギター」
インターネットからも聴取可能。
今月は、2月25日(日) 17:00〜17:30
再放送 2月27日(火) 25:00〜25:30(水曜未明1時)

今月は、ゲストに沖縄のロックシンガーLinoちゃんに登場してもらいます。
アルバム『WONDERLAND』の中から、ジョージ紫さんハモンド参加の曲をご紹介。
リノちゃんの元気いっぱいの声を沖縄にて収録済み。
聴いてね〜〜。

そして、いつものように、リビングギターへのネタを募集しています。
2月21日正午までに、田川へ直接メッセージ下さい。
HP、FB、ツイッターなど。
短いほど採用率が高い。

  [コーナー]
・普通のおたより(ノンジャンル)
・ギター講座(Q&A)
・ブラインドの隙間から(見えない生活あれこれのクエスチョン)

リビングでギター弾きながらお届けします!
お待ちしていま〜〜〜!
http://fretpiano.com/

写真は沖縄にて、リノちゃんとの収録の様子。
クリック 167KB クリック 112KB クリック 131KB

3日間の沖縄ライブ終了。

3日間の沖縄ライブ終了!
盲学校、ショッピングセンター、ストリート、ワークショップ、ライブハウスなど、3日間6公演をしてきました。
半袖で過ごせる開放的な沖縄での様子を初日から振り返って書いてみます。

盲学校で育った私としては特別な思いもあり、でも、他県盲学校でのギター訪問は初めてだったので、お邪魔できて嬉しかったです。
点字を駆使しながらの勉強、日常を過ごしやすくするための擁護訓練、遊び、倶楽部、喧嘩したり恋をしたり、
ここでも私の学生時代のように過ごしてるんだろうなーと思いを馳せながら演奏とトーク。
みんな手拍子や声援などで一緒に楽しんでくれました。
また会おうねー。

イオンモールライカムでは、様々なアーティストが定期的にインストアライブをしている場所だけに環境も整っていて、気持ちよくライブ出来ました。
私の名を看板で見て来て下さった方や通りすがりの方など、こういった雰囲気がまた良いんですよねー。
本番前
クリック 39KB クリック 88KB

ストリートでのミュージックタウンでは、寺沢さんとRyuさんと沖縄の街をお騒がせ、いえ、盛り上げました。
いろんなバンドさんも出演する賑やかな音市場でした。
でも、その近くでは盲人用のピヨピヨ信号。
ライブで聞こえにくいんじゃないかなーと、他県だと、なんたら協会からクレームが届きそうで心配。笑

ライブハウス、7TH Heavenでは、ジョージ紫さん、レイ君、クリス君、リノちゃん、こちら東京組と大セッション大会、!
最終日は、音楽を目指す子供達へのワークショップでした。
子供達からのピュアな質問に大人もびっくりする場面もありながら、
ジョージさん、寺沢さん、Ryuさんの音楽へ対する考えが聞けて、私も楽しんでました。
このワークショップは、多数の協賛者のおかげで実現いたしまして、私からもお礼申し上げます。
ありがとうございました。
こういう音楽セミナーは、どんどん広めて増やしていくべきだと思います。

と、めまぐるしいながらも楽しい沖縄巡業が終了。
そして、いつも温かく熱烈歓迎をしてくれる7THファミリーたち、駆けつけて下さったお客様、ご協力くださった高良レコード、盲学校、ライカム、皆さん本当にありがとうございました!!
また沖縄へ帰ってきたいと思います。
名残惜し見ながら寒い東京へ帰りまーす。

Ryuさんドラム in 沖縄

今回の沖縄、TAGAWAとしてはスケジュールの都合で全員は揃わなかったけど、
Ryuさんこと西田竜一さん、長谷川さんのビートやフレーズを完全再現してくださっててマジ凄かった!
「フレーズ一つ一つには意図があるだろうから」とRyuさん談。
ステージでギター弾いてると、寺沢さんの重低音と一緒に聴こえてくるドラムに、長谷川さんが居る瞬間を何度も感じました!
TAGAWA曲が沖縄でも響き渡りました。
行きの飛行機でもずっと練習をしていたと美瑞穂談。
代役を務めるのって、どんだけ重いプレッシャーかを想像。
事前準備の大事さを音から教わった気がすると同時に、安心してライブが出来る気持ち良さを実感。

そして、私のリクエストで、沖縄のシンガー リノちゃんのニューアルバム「ワンダーランド」から2曲をやりましたが、こちらはレオン君のドラムをRyuさんがまたまた完全再現!
Ryuさんスゲーー!
ドラムに心身が暑くなる嬉しい瞬間!
今日は7TH Heavenでミュージックセミナー。子供から大人まで楽しめるライブ、質問コーナー、音楽を目指す人たちへのトークなどのワークショップ。
ジョージ紫さん、Ryuさん、寺沢さんと行います!
沖縄でしか出来ないメンバーです。
お見逃しなくー。

点字PDAの体験会「ブレイルセンスオンハンド日本語版U2ミニ」

以前の記事がまだの方のために注釈から。
PCのディスプレイの代わりに、点字が浮き出るPDA、モバイルPCがあります。

以前、「ブレイルメモ」の体験会へ行った話を書きましたが、
今日は、静岡のエクストラというメーカーからリリースされている
ブレイルセンスオンハンド日本語版U2ミニ」の体験会へ、日点(日本点字図書館)へ行きました。

移動が多いので、単体でもウエブアクセス可能なこちらに引かれました。
TASCAMのMTR「DP-008EX」ぐらいの小ささでした。

エクストラの丁寧なスタッフさんのご指導の元、
実際に、私のサイトやこのブログへアクセスしてみたんですが、
ひゃ〜〜!!自分で作ったHPが、瞬時に点字で表示されて感激でした!

前にも書いたように、最近、PCの画面読み上げソフトをずっと聞き続けると、ちょっと耳が疲れた感覚になったりします。
それで点字をまた大事にするようになっているこの頃。
一時期は全く使わなかったんだけどなー。

で、すぐにでも欲しいところなんですが、時期、新機種が出るとの事で、
しかも、今までの点字PDAのOSはWindows CEだったのが、ついに、アンドロイドで動くようになると知っては、我慢して発売を待とうかなーと。
「ブレイルセンス ポラリス」
https://mainichi.jp/universalon/articles/20171106/org/00m/040/018000c

いずれにしても、曲や歌詞、ライブやレコーディングのアイデア、ミーティング内容などが点字で管理出来て、ウエブアクセスやメールも点字で出来るような環境を1日も早く作りたいものです。
クリック 73KB クリック 74KB

京都PARTY in 都雅都雅 2日目

初日の様子は美瑞穂が投稿してますので、私は2日目を。

「共演とか、田川君の好きにやってもええよ。
と、主催の和佐田さんの一言から思いついた今回のステージ。
下記6曲の豪華編成。

BS.和佐田達彦さん DR.ファンキー末吉さん 
ゲスト:VO.三井雅弘さん VO.ポールさん Organ.田辺敏男ベータナ先生

 ◆ 1. My Eternal Dream

初めて、都雅都雅にお邪魔した10年前にこの3名で演奏した曲。
当時、急遽の参加決定で、エフェクターは他の会場にあったため、シールド1本のテケテケサウンドで弾いた思い出が(笑)。
この曲の直後、フリッジのマキさんにエフェクターをお借りしました。
それを見た二井原さんが、「気の毒やった」と次の日に大阪でディストーションを買って下さって「大阪PARTY」に出演(笑)。

そんな10年前を思い出し、和佐田ファンキーリズム隊の轟音に後押しされて弾きまくりました。
田川ステージにとっては凄く久々の編成。
クリック 63KB

 ◆ 2. 風林火山

「THEME PARK(テーマパーク)」に入っている「パチスロ 真モグモグ風林火山2」の、ファンキーさん作詞作曲。
このパチスロ曲は、ギタリスト宅間さんが総合監督となった面白い企画でした。

 ◆ 3. 遅い春越後
続いてのパチスロ曲、渡辺英樹さんが作詞&歌として務められた田川曲。
原曲ではファンキーさんが叩いているので、今回がチャンスと思って、
天国からの中継で歌って頂きました。
泣けた〜〜〜!! でも、あの豪快な高い笑い声が聞こえてきそう。
あとからも、皆さん同じ思いだったことを聞きました。 英樹さんは永遠だなー!

 ◆ 4. You Love Me Don't You (44magnum)

10年前に参加させていただいたCD「44magnum Tribute」のラストに収録されている名曲。
当時の参加は、ファンキーさん、和佐田さん、二井原さん、小川文明さんでした。

そして、今回、なんと!本家マグナムのポールさんに歌って頂きました。
クリック 111KB

さらに、オルガンに、ベータナ先生に弾いて頂きました!
文明さんから、「俺が尊敬するオルガニストやねん。」と伺っていた御方。
クリック 104KB

しかも、あのCDと同じく、ファンキーさんと和佐田さん。
や、もう、この曲、言葉が見つからない感動でした!!

あのマグナムのポールさんの声だ!と感涙し、
強弱を込めた感情的なオルガン捌きのベータナ先生に鳥肌が立ち、
どっしりズドーンと力強く支えるファンキードラムに熱くなり、
ベースソロまでCDと全く同じく弾いて下さった和佐田さん(あのソロ好きです)に、
猛烈に感激の瞬間を場内で味わう事が出来ました!

ポールさんの底力にビビりました!すっげ〜〜!
しかも、ベータナ先生とのソロバトル、まさにCDで文明さんと演った感じがよみがえりました!

曲終わりの拍手がしばらく鳴りやまなくて、大ホールのコンサートの大団円のようでした。
きっと、文明さんも飲みながら聴いてらしてたんじゃないかなー。

 ◆ 5. 「It's not the spotlight それはスポットライトではない」

原曲は、バリー・ゴールドバーグとジェリー・ゴフィンの共作で、ロッド・スチュワートがカバーして有名となり、浅川マキさんが独自の解釈で日本詩を乗せた曲。

21歳の私、初めてライブハウスに行ったのが、山口県の「ブギハウス」という、山崎まさよしさん古巣の場所でした。
そこで、初めて知ったこの曲を、初対面のブルースギタリスト、故・森永セイジさんとセッション。
以来、今でも私のライブで弾き語りしています。

昨年、三井さんが長年この曲を歌われている事を知り、嬉しくなり、今回思い切ってお願いしました。
そして、快諾して下さった三井さん。
ファイル 1746-1.jpg

「あの光 そいつは 古びた町の ガス灯でもなく 月灯りでもない
スポットライトでなく ローソクの火じゃない まして太陽の光じゃないさ」

三井さん、ステージで、心の奥まで光が届くような大熱唱をして下さいました!
そこに、ベータナ先生、和佐田さん、ファンキーさんと力強い熱演!
なんて感激の瞬間なんだろうと!最高です!!
場内、大拍手の嵐でした!!

そういえば、昨夜、金子マリさんの夢を見たなー。

 ◆ 6. キミを乗せて
ラストはトリオに戻って、私の曲でポップに明るくいきました!

というステージをさせて頂きました。
共演して下さった先輩アーティストの皆さんのおかげで、超感動的な空間になりました!

そして、見て下さったお客さん、スタッフの方々、今年も誘って下さった主催の和佐田さん、都雅都雅広瀬さん、一度限りの瞬間を作って下さった皆さん、本当に、ありがとうございました!!!
ファイル 1746-2.jpg

自身の出演のみを書きましたが、京都PARTYは、たくさんの出演者による多彩な音楽がたくさん楽しめる、凄く素敵な音楽祭りです。
初めての方にも多く出会えたり、知らなかった音楽にも触れたり、新たな繋がりが出来たり。
さらにいろんな方々に知って欲しいと思います。

終わってしまった名残惜しさと、来年のお約束が出来たりと、そんな楽しい京都PARTYでした。

京都・沖縄・名古屋・大阪・広島・東京

・京都と沖縄の準備をしたり、
・宿題の仮歌とアレンジに試行錯誤していたり、
・ワードプレスに苦戦していたり、
・あ!6月9日(土)は空けてて欲しかったり!(笑)、
・阿佐ヶ谷での完治さん・すなおさん・高君のライブを聴きに行ったり、
・バンコクの開放感いっぱいの30℃が恋しくても風邪はひいていなかったり、
・ジーノとパットの悲報に残念な思いをしながら改めてCDを聴いてたり…

・さて、明日からは和佐田さんと三井さんの京都PARTY! 新幹線のチケットも買って準備満タン!
多数のご出演者の中、二日間も貴重な枠を頂けているので、二日とも異なる構成に!
京都PARTYならではのわがままコラボも!
http://fretpiano.com/hiechan/page/diary/memorepo.cgi?no=3096

・東京へ戻ったらすぐに沖縄。
行く旅に「ゆっくりリフレッシュしてください」と言われますが(笑)、沖縄のイメージかな?
今回は3日間6公演、盲学校での講演会、インストアライブ、音楽セミナー、ジョージ紫さんたちとの大セッションなど盛りだくさん!
http://fretpiano.com/hiechan/staff/blog/diary.cgi?no=1743

・その後はTAGAWAツアー! 名古屋→大阪→広島→東京!
http://fretpiano.com/hiechan/staff/blog/diary.cgi?no=1740

どれも楽しんでもらえるように、ギター持ってお邪魔しまーす!来てね〜〜!
今月も停車無しじゃけど頑張るほよ〜(笑)。

祝!田川公式サイト100万アクセス!!

本日、100万アクセスを超えました!
2001年11月に開設したHP、16年3カ月、その基準は分かりませんが(笑)、
一つの目安として、これだけのご来場を頂いたのは嬉しい事です。

ライブ情報、FretPianoショップ、田川&美瑞穂ブログなどのHP。
これからも、楽しんで頂ける音楽がお届け出来るように、
可能な限り、美瑞穂と情報を載せていきますので、宜しくお願いいたします。

いまだにPCのメモ帳でHTMLタグを書いて、CGIしか動かせないという、HP作りのスキルが停まってる私です。(笑)
数年前から「ワードプレス」はテストしてるんですけど、テキスト文字でアクセスカウンターが表示できるプラグインが見つからなくて、HPが移行できません。

そんな感じですが(笑)、今後とも、ますます宜しくお願いいたします。

今年の京都Partyでの田川枠はわがままコラボいっぱい!その方々とは?

2月11〜12日の二日間、京都の「都雅都雅」で行われる『京都Party Vol.18』
和佐田さんと三井さん司会による京都の音楽祭、今年も両日出演させていただきまーす!
このお二人、昨年の私たちの「ウエディング・ライブパーティ@芝浦ピアシス」で司会をして頂き、最初から最後まで、ドッカンドッカン場内を笑いの渦に!(笑)
詳細は下記フライヤーをご参照。

1日目の田川枠は、「Tagawa Station」を京都でお披露目!
ニューアルバム「THEME PARK」を京都で楽しんでいただきます!

そして、二日目は、せっかくなので、思い切った事を企みました。

● メンバー: ベースに和佐田さん、ドラムにファンキーさんによるリズム隊。
意外と田川曲では何年ぶりかの超久々。

そして、なんと!下記のゲストの方々もOK頂きました!

● ゲスト: VO:三井さん、VO:ポールさん、オルガン:ベータナ先生

● ・三井さんとは、実はとあるバラードソングに、私と共通曲があったんです。
それを、どうしても三井さんに歌って頂きたくてお願いしました。
ソウルフルな三井さんバージョンがとても楽しみです。

● ポールさんには、10年前に私が参加した「44magnum Tribute」の、あの曲を大熱唱して頂きたくてお願いしました。
この曲、CDでは小川文明さんがオルガンを弾いています。
文明さんとはかなわなかったけど、なんと!オルガン奏者の田辺敏男ベータナ先生にかなえて頂きたくて!!
あの文明さんもリスペクトのベータナ先生が弾かれるとなると、きっとあちらで飲みながら喜んで下さるのではと。

そして、ファンキー&和佐田リズム隊として、思い切って下記の曲を!

● 「遅い春越後」 渡辺英樹さん
実は、昨秋の「THEME PARK リリースライブ」の時、1曲、この曲でファンキーさんに飛び入りゲストをと考えていました。
日程の都合でかなわなかったけど、原曲で叩いているファンキーさんと、どうしても実現したくて、今度の京都PARTYで決行する事にしました。
英樹さんのお誕生月だし、カッカッカッカー!と笑いながら見てくれるかも?(笑)

そんな思いたっぷりのステージになるので、この日限りの田川ライブを、是非楽しんで下さい!!

クリック 112KB

 【都雅都雅」京都Party Vol.18】

☆2月11日(日)
☆<出演>※順不同
ITACHI、田川ヒロアキ、ベータナプロジェクト、8-PM、竹内藍、丸ちゃん・和佐やん&エトー、岡林
☆OPEN15:30 START16:00 前¥4000当¥4500 ※別途飲食代要

☆2月12日(月)
☆<出演>※順不同
ITACHI+山際祥子、田川ヒロアキ、8-PM、丸ちゃん・和佐やん&エトー、JACK DRUG、末吉×西野×和佐田トリオ
☆OPEN15:30 START16:00 前¥4000当¥4500 ※別途飲食代要

☆(問)会場075-744-1497 /Mailctogatoga@kyoto.zaq.jp  
〒600-8031 京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町613 火除天満宮B1F
http://togatoga.jp/

バンコク観光編

思い出すことを箇条書き。

● フライトは、行き7時間、帰り5時間半。
2時間の時差。

● 機内食で選んだタイ料理から美味しい!
タイライスのチキン クリック 154KB

● ギターは、幸いにも行き帰り、機内に持ち込ませてもらえました。

● 機内で手渡された点字のパンフレット。左右や逆さまにしても読めず。
読んだ事のない文字列に、タイ点字であることにほぼ断定(笑)。

● バンコクに到着したら、蒸し暑さと、うっすら香辛料っぽい香り。
空港到着 クリック 122KB

● 町中はもっと暑く、燦々の太陽で、中心部だからか、人も車も多く、新宿や渋谷並みの雑踏。
みんな声が大きくて、南国の開放感からかな?
言葉は分からないけど陽気で活気を感じます。
昔の日本みたいに車の走行音が大きいのも一つあるかな?と想像(笑)。

● 町中、いたるところに露店があり、おっちゃんおばちゃんたちが威勢よく呼び込み。
日本だとお祭りの時ぐらい。
屋台 クリック 145KB

● 私が行った所では、平坦な道が少なく、段差や凸凹が多くて、全盲者や車いすの方は大変だろうなーと。
昔の日本も所々そんな道があったなーと。

● みんな、私たち日本人に、とてもやさしい。
バンコク在住の日本の方々にも随分よくしていただきました。

TAGAWA観光
ファイル 1739-2.jpg
ファイル 1739-3.jpg

ガイドのおじさん
ファイル 1739-4.jpg

● 物価が安い。 食事に行っても、日本円で300円もあれば大ご馳走!

● タクシーも安い(メーターがある場合)。
普通に乗車を断られる事がある(笑)。

● タイ料理にはまった!
初日にRyoさんが連れてってくれた「緑のカオマンガイ」から、うんま〜〜!
メインの海南鶏飯(カオマンガイ)とスープ付のセットで50バーツ、160円ぐらい。
カオサンロードで食べたトムヤムクン(大好物)、パイナップルライス、屋台で食べたトムヤムクンヌードル。
日本の7月のような気候の中で食べるタイ料理とビールが最高に合う!
パイナップルライス
ファイル 1739-1.jpg

● タイ米って、日本では一時期の事で良いイメージを持ってないところもありがちですが、
他の具材とミックスすることで、タイライスの味が発揮される印象で、
あの暑い機構にこそ合った味だと思いました。
例えは変ですが、オリオンビールを寒い東京で飲んでも普通みたいな(私だけかもですが、)。

● 蚊にいっぱい刺されました。
元々刺されやすいので、普通はそこまてはないかと。
しかも、他の誰も刺されてない。
ホテルでは殺虫剤を撒いてもらい、コンビニでは虫よけを買うというありさま。
「滅多刺しだー!」

● お手洗いが綺麗。
北京の田舎で大変なお手洗いが多かったのを想像していたので安心しました。
でも、タイの田舎には行っていないので、どうなっているのかを聞くのを忘れた。

● チップ制がある。ホテルでの荷物運びなど。

● お店や街のBGMは、デジタル昭和歌謡な感じがちらほら。

と、まだまだ書ききれないぐらいですが、もし私の解釈間違いがあったら、バンコクの方、ご指摘お願いします。

初日は、夏好きの私も蒸し暑さに耐えられなかったんですが、
美味しいものを食べたり、バンコクの人たちのやさしさ、異国の真夏の開放感で、すっかり機構に慣れて、東京に帰りたくない病になってました。
食事が、美瑞穂も私も凄く口に合ったので、よりそんな気持ちにさせられたのかも。

また、元々なんとなーく持っていたタイへのイメージ、行く前に周囲からフードや治安を心配されていた事、
現地へ行くと一気に吹き飛びました。
実際に行って心身で実感出来て良かった!

言葉、フード、服、建物などは、気候や地域、知恵や工夫から生まれた生活文化の歴史がこうして積み重なってるんだなーと。
それは世界中そうだと思いますが、バンコクに来て、特にそんなことを感じて思いを馳せていました。

楽しく暑く開放的なバンコク遠征から、30℃差の、寒ーい東京へ戻ってくると、その寒さが夢から現実へ目が覚めたような、しばらく、心を置いてきてしまったような心境でした。(笑)
また行きたいと美瑞穂と話しています。

おしまい。

バンコクに連れてってくれた火付け役、Ryoさんとファイル 1739-5.jpg

TAGAWA Live in Bangkok 1/27

1週間経ち、私からもライブの様子を投稿します。

TAGAWAとして、初の海外公演。
会場はバンコク、ハードロックやメタルの「Immortal Bar」。

入り口の手前スペースは、まさに南国の開放感を思わせる吹き抜け。
日本の7月のような気候だけど、窓無しの外からの風が心地良い。

メタラーの店長さん、現地でスタンバイして下さっている日本&バンコクスタッフさんたちがお出迎え!
中は木造の温かみのあるバーで、ハードなナンバー中心のBGMが流れています。

出演は、バンコクのバンド2組、そして、今回のツアーのキーマンとなったSUPER BLOOD!
いや〜!ショーが熱い、熱い!
オープニングでアングラをやってたバンドさんの時には、思わず一緒に歌ってしまいました。
SUPER BLOODの生ステージを初めて聴いて、ぎゃ〜!かっこいい〜!と聞き入っていました!
自身の準備と、耳の保護のために全部は聴けなかったんだけど、私も客としてライブ鑑賞したかったな〜。

そして、いざ、TAGAWAのステージ。
長谷川さんも、寺沢さんも、通常の機材セットではない中、
現地の方々が一生懸命準備して下さった環境でドッカーンと!
いやいやいや!この二人、すっげ〜〜〜〜〜〜!!!!
その怖いぐらい凄まじい音に笑ってしまうほど!
そこにフロアからの大歓声を浴びまくる!「ウォ〜〜〜〜!!!」
クリック 61KB クリック 68KB クリック 40KB
(Photo by Mitsuhito Sasaki)

2年前の秋に浮上したこの公演!
沢山の方々のお気持ちが集結して、その思いを持って今日のステージに立てている!
幕張メッセでのLOUD PARKから始まり、これまで、日本で共にしてきたこの3名が、やっとここ海外で放つサウンドが今!

そんなこみ上げた思いが後押しとなった私、力の限り、いや、それ以上にギターを弾き上げ投げまくりました!
ここまで無制限に弾いたステージ、きっと、同じ事、自室では弾けないだろうな。
音楽は気持ちでプレイするものなんだなーと。

熱狂の声援とメンバーの轟音に包まれ、とにかく、気持ち良く、楽しく、
熱い思いでたまらないほどでした!

ご協力、応援、ご支援、この日に思いを掛けて下さった、全ての皆さんに、この場からも、熱烈感謝いたします!
あの空間を一緒に作って頂き、本当に、ありがとうございました!!

また大きな最高の1ページが出来ました!!

そして、なんと言っても、Ryoさん、ありがとうございました!!