2020年06月22日

新曲!山口県の大学生たちによる地域祭り「結人祭(きゅっとさい)」の曲を作りました。

クリック 39KB

「山口大学」と「山口県立大学」のサークルが中心となって、
地元の商店街のご協力を頂きながら開催する毎年のお祭り行事、
「結人祭(きゅっとさい)」
そのテーマソングの依頼を頂いて制作しました。

歌詞は学生たちが書き、曲調のリクエストをもらい、
それに曲をつけました。

代表の唯さんという4年生が一生懸命やりとりしてくれました。

当初から、「学生と地域の方々との歌を入れたい」との希望から、
賑やかで楽しい壮大なイメージを持っている事が分かりました。

ガイドのコーラスは美瑞穂に歌ってもらいました。
そして、学生たちの歌を山口まで収録に行く話へと進みました。

しかし、ここで問題発生。
Covid19問題で東京からの移動も制限されて延期になってしまいました。
お祭りは今秋の予定であり、振り付けや練習も考慮すると終息を待てない状況。
さーて困った。

考えた結果、そういうことであれば、
東京と山口をを結んだリモートレコーディングを私から提案。

日時を決めて集まってもらい、東京と中継で結んでやりとりしながら、
学生たちのスマホの音声メモに歌声を録ってデータを送ってもらう方法。

近年のスマホの音声は綺麗なので、距離や部屋の響きさえ気を付ければ可能だと判断。
こうして、学生や地域の方々に集まって録ってもらうところまで話が進んでいました。

しかししかし、またまた問題発生。

ウイルス問題が終息した訳ではない状況の中での懸念が浮上し、
感染防止を考慮し、集まらず、各人の住まいから歌ってもらう事に。
いやー、これこそ、今だから出来る事ですよね。

紆余曲折を経て、昨日、Zoomミーティングにて遠隔収録が実現!
そこでは、遠隔ながら、それぞれのお部屋からの沢山の集合となり、
学生たちの初々しくて可愛いフレッシュな様子が
PC越しに伝わってきました。

東京と山口、それぞれの場所で、マスコミ取材の方々もお越しになり、
新曲の誕生の瞬間を収めていただきました。

そして、メインの歌い手さんは、山大を卒業したばかりの
菜央さんという方が後輩たちから指名され、東京在住という事もあり、
八王子市のオルウェイズスタジオまで来てもらいました。

初対面でしたが、とても明るい方ですぐに打ち解けて楽しい収録が開始。
菜央さんは、PC越しに再会する後輩たちに感激していました。
クリック 689KB

そして、とても良い感じに歌入れも終わり、
続いて、学生たちのコーラス入れ。
私がおひとりおひとりの歌をチェックさせてもらいながら進行。

アパートなので、思いっきり歌えなかった方、
緊張していた方、
元気よく歌ってくれた方、
様々な声が集まり、とても賑やかな感じになってきました。

後日、これらを私がミキシングして完成へと向けていきます。
膨大なデータだと思いますが楽しみながら頑張れそうです。
クリック 664KB

 昨日1日は、学生、スタッフ、取材の方々も含め、
その場に居たみんながハッピーになれた素敵な時間でした。
しかも、全員が離れていて会えない事が、より思いの深さとなって
気持ちの結束になれました。
最高です!
これこそ、人と人を結ぶ「結人祭」ですね。

 山口県の皆さん、テレビや新聞のチェックをお願いします!

収録の様子は後日スタッフブログをお楽しみに!

6月22日の読売新聞 山口県内版に掲載されました。

代表の唯さんへと橋渡しをして下さった下関の馬関奇兵隊総督の濱崎さん、
アレンジの際に助けて下さったキーボードの高橋亜土さんに感謝致します。

 山大と県大の皆さん、お疲れ様でした&ありがとう!
皆さんの初々しくてフレッシュな人柄がこの曲に素敵な風を入れてくれそうです。
完成をお楽しみに。

結人祭、無事に開催されることを願っちょります。
日程合えばギター弾きにいくけーねー!
あわんかったらごめんね。(笑)

写真は、結人祭公式ツイッターより拝借。

関連過去ブログ
2013年にも結人祭へ出演したこともありました。