音楽(listen)

facebookに先日のギター話の反応多数!

なんとなーく書いた、初めてギターを買った頃の話、
こんなにたくさんのリアクションをいただけるとは!(笑)
ありがとうございます。
facebookのタイムライン

楽器、車、服、PCやスマホ、住まい、出会った人、
初めての感覚って大事ですねー。
もし大変な事があっても、そういうの思い出すと、また頑張ろうとか思ったりして。

私、ギター弾いてると、楽しい事いっぱいあったり、それとは真逆の心境にもなったりといろいろありますが、
始められる環境に恵まれ、いろんな縁で数十年経っても続けてられるギター、聴いていただける事、オファーされる事、そんなすべての環境、ありがたいなーと思います。

と、今、うまいこと曲ができないんで、こう書いてたら出てくるかなーと、現実はそうはいかないみたい。あらららー。(笑)

TOTOのKingdom of Desire

おとといのセッションで「Jake to the Bone」を演った事から、改めて1枚通しノンストップで聴いてみました。
ジェフの遺作になってしまった当時を思い出します。

ロザーナやアフリカのイメージが先行してるTOTOだけど、
踏み込むと、色んなジャンルや要素、複雑なアレンジなどが
絡み合ってる奥深いグループだと思います。

で、8枚目の「Kingdom of Desire」は、イメージを一気に覆したヘヴィーロックで、
当時は賛否あったのを憶えてます。
私、最初は受け入れられなかったけど、ジェフの遺作と思って何度も聴いてたら
TOTOの中でも上位に好きな1枚になった二十歳そこそこ。

このルカサーの太く鋭く甘いギター、当時、なんとか真似したいと一生懸命コピーしてました。
そこに乗っかるペイチの鍵盤との絡みがめちゃくちゃかっこいい!
どこかしら、この1枚の音が自分の血や肉になってるかも。
今でも時々聴く1枚。

で、今朝も、じっくり通して聴いてみると、90年代初期のアメリカを想像したりして。
それを、最少人数となったTOTOが表現してる、そんな思いを巡らせてました。

特に、6曲目の「Wings of Time」のジェフのドラム、リズムがめっちゃ心地良い。
キックはずっと4つ打ち、スネアもずっと2拍4拍、フィルも殆ど無し、
その中から聴こえてくるハットなどのゴーストノートやシンバル表現。
1曲ずっとこれでありながら、全体の跳ね具合が、もう絶妙に気持ち良くて。
そこに、マイクの8部ベースが永遠と乗っかって、
1曲ずっと、ドラムとベースが、ドッタンドッタンのみで、
テクニカルであっと言わせるのとは対照的なアプローチ。

既にどちらも居ないポーカロ兄弟が出すこのリズムから、
ゆらゆらと羽に乗っけられているような心地よさを感じました。

そんな雰囲気を味わっていたら、7曲目の「She Knows the Devil」で
一気にダンスタイムに連れてってもらった印象。
このドラムとベースもシンプルなのに、ビートに乗せられる絶妙な心地よさ。
このアルバムのそんな後半の流れが好きです。
Wikipediaの記事

梅雨に戻ったような雨続きだけど、朝からそんなじめじめしたのが吹き飛ぶひとときでした。

TAGAWAツアーの思ひ出(声のケア編)

ヴォーカリストが3〜4日で間を空ける話はよく聞きますが、今回は6日間連続、
最後まで声が維持できるようにと、ギター練習以上に、過去最も注意したツアーでした。
それって当たり前なんだけど、より、ベストな状態で皆へ届けたい思いが強いツアーなのかも。
なので、先月、事前に二井原さんにアドバイスをいただいて、なるべく気をつけるようにして行きました。
睡眠、禁酒、冷やさない、喉は消耗品、ホテルでの加湿器使用など。
私がフェイバリットの尾崎亜美さんが、ブログで声のケアの事を書いているのも参考にしながら、自分なりに考えて気をつけるように。

会話も、大きな声は出さず、必要最低限に。
打ち上げもほどほどに。 1杯だけというのが声の命取り(←自戒)。
各地でアフターを待ってる方もいるので苦渋の決断ですが、ステージあってのツアーなのを今まで以上に痛感。
高知で禁酒は辛かったけど(笑)、最終日は、このまま我慢できそうというモードにもなったりして。

普段、マスクをしてると、サングラスも手伝って、まるで銀行強盗。
風邪やタバコ煙を避けるには見た目は言うとれん(笑)。
余談、サングラスをするようになったのも、昔、タバコの煙で目が痛くなったのもあったんですよねー。

イヤモニ環境もより整えて、喉の負担が少ない歌い方を捜しての本番。

二日ほど、寺沢さんと長谷川さんにMCを大目にしてもらったことも。これぞチームワーク。

ツアー中の食事も、野菜を多めに取り、添加物系もなるべく避けて。

また、喉のケアの差し入れもいただいたりして、各地、いろんな気持ちがこもってるなーと。
写真はその一部。
クリック 159KB

そんなこんなで、6日間、無事にキープできました!
終わって打ち上がって解禁したり、その後の一気にきた疲労で声がかれてしまい、今日もまだ完全ではないけど、少しずつ復活。
明日には完治して〜。 身体が楽器、ヴォーカリストって凄い!
さて、ギターの個人リハーサルしようっと。(笑)

そんな思いのあふれたツアー、16日の吉祥寺シルバーエレファントで千秋楽じゃ〜〜!
そうそうはできないツアーの集大成、見逃さないように〜〜。
ライブ詳細とグッズ紹介はこちら!

ツアー後の東京自宅の夏

続いての投稿になりますが、一昨日、長谷川さんの一生懸命で安全な運転で東京へ戻ってきました。
小雨や湿気の多い梅雨の空気の東京。
名古屋で聴いた蝉、自宅周囲では鳴いてなかったけど、梅雨明けが待ち遠しい私。

昨日は、美瑞穂と近所のインド料理店で打ち上げ。
ツアーで会った方々の話をしたり、今後のプランのお楽しみ話をしたりで満腹のディナー。
ツアー中、田川点字Tシャツを着てる方が増えていると聞き、それってホントに嬉しいことだなーと。

そして、自宅では、荷物整理はそっちのけで、各方面から頂いたメッセージを読みながらお返事。
まわって、本当に良かったなー。

そして、今日は、亡き小川文明さんの生誕日。
思い出しまくりちよこでおまんにゃ、しかし。

同時に、山口のブギハウス、ブルースギターの森永正志さんが旅立って5年。
私が21歳で初めて行ったライブハウス。
よく酔っぱらって説教してもらったり、ジャムセッションしたり、山崎まさよしさんを紹介して下さったり。
森永さん、まだボリューム上げんにゃー地上まで聴こえんですよ〜!

そんな思いを馳せながら、今日も頑張りまっさ〜!

昨日の3本立て(銀座→渋谷→八王子)

午前中、美瑞穂と銀座へ向かい、とある打合せ。
先々のお楽しみ企画。
クリック 178KB

日没頃、渋谷へ移動して、沖縄から来ているベーシスト・クリス君と待ち合わせ。
軽く1杯乾杯して久々にトークバトルで盛り上がる。
そのまま3人でマシンガンズのライブへお邪魔して、凄まじい音の洪水を堪能。
レオン君と3ショット。 またこの3人とレイ君とライブしたいなー。
ってか、ここは沖縄か?
クリス君のツイート
クリック 108KB

ここで皆とお別れして、夜11時半、八王子XYZ-Aバーへお邪魔。
終演後のガムガムブラザース、まだみんな居た。
すなおさんと衛藤さんと3ショット。
クリック 140KB

はるばる遠方から来られたお客さんが焼いて下さったお好み焼きをお土産にいただきました。
その方の娘さんはファンクラブ。

ちょうど8年前の5月24日、XYZ-Aバーが開店した日が田川ナイト。
閉店前にして、その日に来れて良かった。
飲んで帰りたかったけれど、電車と翌日の予定を考えて、みんなに見送られてお店をあとに。
帰宅して、美瑞穂と美味しくお好み焼きをいただきました。
盛りだくさんのメニューと、人の縁を感じる1日でした。

感謝!8年の田川ナイト!最終回!

ついに終わってしまった田川ナイト XYZ-A!
場所柄、遠い方々もいる中、最終日にこうして来ていただけて、本当に嬉しかったなー。

いつも、準備に時間と気力を使いたくなる田川ナイトだけど、
今回は、今まででいちばんその時間をかけたんじゃないかな。

なので、今日は、無気力、寂しさ、じんわり出てくる涙、
来て下さった皆さん一人一人からいただく思い、
色々思い出して、余韻に浸っています。
この投稿を書くのも精一杯。

終わってしまうのは寂しいけど、人の思いを心にいただくことがいっぱい、
そんな最終回でした。
終演後に涙しながら一生懸命感想を伝えて下さる方々にももらい泣き。
アンコールでの大合唱、生涯の記憶になります。

美瑞穂が改めてブログに載せると思いますので、そちらを楽しみにしていて下さい。

全ての皆さんのおかげで続けてこれたこの定期ライブ。
初年からの方、次の年やその次の年からの方、近年からの方、久々の方、
来れずに思いを馳せてた方、XYZバーのスタッフの方々、
たくさんの皆さんに見守られた田川ナイト、
2017年5月14日をもって、大団円で終演しました。
ご来場、ホントに、本当に、ありがとうございました。

また、これからも、様々な場所で会えるのを楽しににしながら。
一旦閉幕します。
そして、これからの縁のほうが永いですよ〜〜〜!

4月

というのに冬のような寒さで桜もまだだけど、週明けから気温も上がるとか。
今日から、6月11日のバースデーライブの一般チケット発売開始!
なんとかフォーム設置も間に合ったー。早速の予約、感謝、感謝です!!

あちこちで投稿されるエイプリールフールに笑わせてもらいながら(笑)、
さて、今月のライブはこんな感じ。 XYZが閉店間際なので多いけど、出来る限り時間を残したいなーと。
↓情報は真実です。(笑)

◆4月2日(日) 東京八王子Live Bar X.Y.Z.→A 『帰って来た「手数セッション」
菅沼孝三 江川ほーじん 田川ヒロアキ

◆4月4日(火) 吉祥寺シルバーエレファント 『長谷川浩二Birthday Live』
TAGAWA(長谷川浩二 寺沢功一 田川ヒロアキ)

◆4月9日(日) 宮城SUGOサーキット 『第3回マツダファン東北ミーティング』
TAGAWA(長谷川浩二 寺沢功一 田川ヒロアキ)

◆4月18日(火) 東京八王子Live Bar X.Y.Z.→A 『帰ったばかりの「手数セッション』
菅沼孝三 江川ほーじん 田川ヒロアキ

◆4月23日(日) 『田川セッション さよならLive Bar X.Y.Z.→A』
エントリー→ http://fretpiano.com/live/mail/

◆4月28日(金) 東京八王子Live Bar X.Y.Z.→A 『音酔夜vol.15【音酔夜DX】』
音引力 はんだすなお 田川ヒロアキ

来てね〜〜(^^)/~~
弾き倒しながら、合間を縫って、いろいろ宿題も頑張るで〜。

竹内藍ちゃんという女性シンガーソングライター。

シンガーソングライター 竹内藍ちゃん。2月15日は、デビュー10周年のライブ。
透き通る歌声から力強い熱唱、入り込む詩の世界と心こもった曲。

私が出会ったのは、藍ちゃんがデビューしたての頃で、以来、ステージやツアーを何度となく共にしてきました。
私が作った山口県のよさこい曲に歌を入れてもらったこともあります。

最初は、ピアノの弾き語りだったのが、近年では、アコースティックギターから、かき鳴らすエレキへとどんどんサウンドの幅を広げていき、その練習と研究への熱意の凄さを感じるほど。
和佐田さんプロデュースとあり、バンドも凄く豪華!
きっと最高の10周年記念の日になると思います。
成功を願いながら、下記情報をシェアします。
藍ちゃん、10周年、おめでとう!!

☆2月15日(水)東京・下北沢「GARDEN」
竹内藍〜10th Anniversary スペシャルLIVE.〜
☆竹内藍Vo/G/Key、杉山隆哉G、はんだすなおKey、和佐田達彦B、そうる透Ds
スペシャルゲスト:丸山ももたろうAG、武藤祐生E-Vlin
☆OPEN18:30 START19:00 前¥3000当¥3500(ドリンク別)
チケットぴあ(Pコード:321-634)
☆(問)会場03-3410-3531(13:00〜21:00)
〒155-0031東京都世田谷区北沢2-4-5 mosia B1F
http://takeuchiai.com/

2月4日は田川ナイトで最終回までカウントダウン

ここでの田川ナイトもあと少しか〜。寂しいな〜。

◆ 2月4日(土) 「立春・田川ナイト2017ピックオフ!」
ここで好き勝手にやりたい放題弾き散らかす田川Nightもあと僅か。
ロックに、メタルに、テクニカルに、メロディアスに、音楽の旅へご案内!
皆さんのお越しをお待ちしています♪

Open18:00 / Start 19:00
【料金】2000円(飲食別1000円)
http://www.livebarxyz.com/schedule/2017/02/post-140.html

この月曜は高円寺駅近くで初ソロライブで〜す。

1月9日(月)は、高円寺Club Roots!(高円寺駅から1分)で「KIZUNA-絆-」というイベントにソロ出演します。
年明け一発目のソロギターにふさわしいのをドカーンとお届けしたいと思います。
数組出演の中のトリ前で、私の出演は、19:50〜20:35です。
直接のメッセージを頂けたら、前売りお取り置きさせていただきます。
私のHP、fb、もしくは美瑞穂FB宛てまでお待ちしています。
ご予約のメールを頂いた方、ありがとうございます。

  詳細
$FILE1

◆1月9日(日・祝) 「KIZUNA-絆-」
【会場】高円寺Club Roots!
http://www.muribushi.jp/

【出演】田川ヒロアキ/A 《あ》  
演/華村灰太郎/ Mikeroy / 菊地敬太/ Landmark 

新年1回目のKIZUNAイベント。 毎回、豪華なゲストを招いての、この企画。 
2009年関西滋賀よりプロフェショナルイベントとしてスタートし、関東東京でも定期的に開催中。 

【料金】予約/3000 当日/3500 
【時間】 OPEN 
17:00 START 17:30 

【ご予約】田川ヒロアキHPのお便りフォームから 
メール:http://fretpiano.com/email/