No.2998の日記

TAGAWAツアーの思ひ出(声のケア編)

ヴォーカリストが3〜4日で間を空ける話はよく聞きますが、今回は6日間連続、
最後まで声が維持できるようにと、ギター練習以上に、過去最も注意したツアーでした。
それって当たり前なんだけど、より、ベストな状態で皆へ届けたい思いが強いツアーなのかも。
なので、先月、事前に二井原さんにアドバイスをいただいて、なるべく気をつけるようにして行きました。
睡眠、禁酒、冷やさない、喉は消耗品、ホテルでの加湿器使用など。
私がフェイバリットの尾崎亜美さんが、ブログで声のケアの事を書いているのも参考にしながら、自分なりに考えて気をつけるように。

会話も、大きな声は出さず、必要最低限に。
打ち上げもほどほどに。 1杯だけというのが声の命取り(←自戒)。
各地でアフターを待ってる方もいるので苦渋の決断ですが、ステージあってのツアーなのを今まで以上に痛感。
高知で禁酒は辛かったけど(笑)、最終日は、このまま我慢できそうというモードにもなったりして。

普段、マスクをしてると、サングラスも手伝って、まるで銀行強盗。
風邪やタバコ煙を避けるには見た目は言うとれん(笑)。
余談、サングラスをするようになったのも、昔、タバコの煙で目が痛くなったのもあったんですよねー。

イヤモニ環境もより整えて、喉の負担が少ない歌い方を捜しての本番。

二日ほど、寺沢さんと長谷川さんにMCを大目にしてもらったことも。これぞチームワーク。

ツアー中の食事も、野菜を多めに取り、添加物系もなるべく避けて。

また、喉のケアの差し入れもいただいたりして、各地、いろんな気持ちがこもってるなーと。
写真はその一部。
クリック 159KB

そんなこんなで、6日間、無事にキープできました!
終わって打ち上がって解禁したり、その後の一気にきた疲労で声がかれてしまい、今日もまだ完全ではないけど、少しずつ復活。
明日には完治して〜。 身体が楽器、ヴォーカリストって凄い!
さて、ギターの個人リハーサルしようっと。(笑)

そんな思いのあふれたツアー、16日の吉祥寺シルバーエレファントで千秋楽じゃ〜〜!
そうそうはできないツアーの集大成、見逃さないように〜〜。
ライブ詳細とグッズ紹介はこちら!