No.3085の日記

終了!1/13 神田楽器カフェ「テーマパーク トーク&ライヴ」

手数セッションのDVD出版の「アトス」の主催で、
新譜の制作秘話や裏話、質問コーナーなど、初めて話す事が多かったかものトークライブ。
クリック 121KB クリック 83KB

午後3時からという新鮮な時間帯の中でお集まり下さった皆さん、ありがとうございました!
皆さんのご感想から、いつもと違うこういう時間、たまには良いのかも、と。
しかも、Q&Aでお寄せのメッセージが、とても興味深くて私も楽しかったー!
クリック 75KB

住所も近いので、「ヘヴィメタル・シンジケート」も歌いました。

そして、今回は、会場の都合でマーシャル爆音が実現出来なかった為、アンプ無しのライン出力のギターでした。
最近増えてきているらしいものの、やっぱりステージ上にはギターアンプが無いと、と当然思いますが、与えて頂いた場所の環境で思い存分弾き散らかすポリシーとしては、この状況を楽しんでもいました。(笑)

私のメタルレッドのギターが生まれたオカダインター内のCAJで組んで下さったシステムボードからのライン出し。
いつもマーシャルのエフェクトループに繋いでるそのまま。

機材は同じでも、違うのは、ZOOMの「MS100BT」のセッティング。
ライブでは使わない、アンプの音を再現したモデリングを使用。
見えないので、ZOOMにマーシャルと表示されてるのか、他メーカーなのか、そんなこたー気にしません。
見てもらっても良いけど、名前はともかく、その中から、最もいつもの音に近いのを選べば良いわけで。
実は全然違う表示だったかもしれませんが、いいんです、
音が良ければ思いこんじゃえ!行くが男のど根性!(笑)

ライン出しだと、どこでも同じ音が出せるとよく聞きます。
私、思うんです。 PA環境、会場によって全然違うんだけどなー、と。

その足元のお写真はお客様から拝借。 あとは美瑞穂が撮ってくれました。
ファイル 1727-1.jpg

ご来場の皆さん、主催のアトス原田さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

 あとがき。
会場である「楽器カフェ」は神田神保町。
ここから徒歩圏内、神田小川町に、広島県の府中市のアンテナショップ「NEKI(ねき)」というお店があります。
名産「 府中焼き(お好み焼き)」や、ものづくりのまち、府中市の特産品たちが揃っているそうです。
府中出身の元力士さんがお好み焼きを焼いてくれるそうで、私も行ってみたい場所。

NEKI(ねき)とは、府中弁で「近く」、身近に感じて欲しいという意味がこめられているそうです。
(情報提供 府中市 切原さん)

せっかくなので、今回のトークライブでご紹介したところ、
終演後、早速数名で向かわれたとのこと!嬉しいな〜!
しかーし、お店は、まさかの貸し切り!
HPに書いちょかんにゃいけんじゃろう!←って、府中でも通じるのかな?(笑)
皆さんごめんなさい。 いつの日か、府中焼き、実現できますように〜。
https://www.neki-hiroshimafuchu.com/