記事一覧

広島府中学園でのコンサート

【田川ヒロアキGuitar Station Tour 2018】Count Down to 10 years from FLY AWAY!
ツアー6日目❗️広島県府中市で、小野市長・村上副市長表敬訪問の後は、府中学園での4年生から中学3年生を対象とした講演会と、その後、4年生を対象にした総合学習で講演と演奏をさせて頂きました。
田川が作らせて頂いた府中市のテーマソング「Lofty Tree」はもちろん 「府中に夢中!」では府中市のダンスチームトゥインクルハートの皆さんがステージの前に飛び入りして踊って下さいました。

4年生を対象とした総合学習では、
質問コーナーでは生徒さんが次から次と挙手して、
「目が見えなくて辛かったことはありますか」「府中のどんなところが好きですか」
「府中に夢中はどのように作ったのですか」等の質問が飛び交いました!

最後に生徒代表から心のこもった感想と、
綺麗なお花も頂きました❣️
ファイル 2031-1.jpg ファイル 2031-2.jpg ファイル 2031-3.jpg ファイル 2031-4.jpg

府中市長表敬訪問

【田川ヒロアキGuitar Station TOUR 2018】
ツアー6日目は広島県府中市に来ています!
先ほど小野申人市長、村上明雄副市長の表敬訪問致しました。
府中市の市政60周年記念に、府中市のテーマソング
『府中に夢中!』と『Lofty Tree』を作らせて頂いた経緯や、
7月の豪雨災害についてなどの話を伺いました。
このあとは、府中学園での公演、総合学習、夜はAlways でのライブです!
ファイル 2030-1.jpg ファイル 2030-2.jpg

ツアー物販情報

【田川ヒロアキGuitar Station】Count Down to 10 years from FLY AWAY!
ツアー爆走中です❗️
今回も様々な物販をご用意しています♪
★ツアータイトルにもなっている
1stアルバム『FLY AWAY』¥2,500
★『テーマパーク』¥3,200
★『Ave Maria』¥2,000
★Over Drive』¥1,800
★広島呉・ケラウスランブラ20周年テーマソング『酎HIGH KING!』¥1,500
★『オリジナルピック』¥400(2枚セット)
★『オリジナルピンバッジ』¥800

是非、お手に取ってご覧ください♪
オリジナルピックは残りわずかとなりました!

またTAGAWAのCDにつきましては、
こちらでの販売分は在庫切れになりました🙇‍♀️

ファイル 2029-1.jpg ファイル 2029-2.jpg ファイル 2029-3.jpg

【マツダファンフェスタ2018】国歌独奏編

今年も決勝レース直前に表彰台にて、
国歌独奏をさせて頂きました🎸

ファイル 2027-1.jpg

場内アナウンスで『これからギタリストの田川ヒロアキさんによる国歌独奏です。マツダファンフェスタ公式テーマソング「キミを乗せて」や「Ride The Wind」も作られました』等とご紹介頂いた後、
エンジン音などをギターで表現した厳粛かつ田川テイストを加えた国歌を演奏させて頂きました🎸✨

【ラジオ告知❣️名古屋ライブ📻】

明日11/30(金)21:30~22:00
名古屋で一番熱いロックバンドと言われる『B.S.R』のボーカリスト石川徹さんのラジオ番組76.1MID FM『石川徹(B.S.R.)のミュージックP­ANPOT』で

12/2日の田川ヒロアキ名古屋「りとるびれっじ」のライブの紹介と、曲が流れます✨✨

http://midfm761.com/timetable_fri.html
スマホから全国でお聞き頂けます!

当日はB.S.Rのメンバーの皆さんと一緒にライブを観に来て下さいます\(^-^)/
http://bsr.nagoya/

ソロとしては初の名古屋公演。
どの位のお客様が駆け付けて下さるか、ハラハラドキドキしていますが(笑)

皆さんのお越しをお待ちしています♪

【田川ヒロアキGuitar Station Tour 2018 松江ミーズ【大熱演のセッション&サプライズ編🎸✨】

田川の楽曲「Straightforward」「That's Over」「My Eternal Dream」を演奏!
島根選抜セッションメンバーに、
吾郷冬樹さん(Gt) 米田稔さん(B)松尾KEGケージさん(Dr)

これが大反響で「初セッションでなんであんなにビシッと決まるの?!」「松江であんな貴重なセッションが見れて得した気分です」 「田川さんの曲って難しいはずじゃ?」等のご感想を沢山頂きました。

実はこのセッションにはエピソードがあって、
2年前の松江公演の前日に、ふらっと立ち寄った居酒屋さん「根っこや」で食事をしていた時にお店のスタッフさんが 、
「あのー。。。。もしかして田川ヒロアキさんですか?!」「明日ライブに行きます!」とお声掛け下さいました。

その方が今回ギターで入って下さった吾郷さんで、東京でも活躍されていて今はあちこちでのライブやサポート等もされて いる方だったのです(笑)

2年前から「いつかご一緒出来たら」という話を伺っていて今回の運びになりました。

ベースの米田さん、ドラムのケイジさんは吾郷さん推薦。

更には、今回の松江ライブをプロデュースして下さった小山さんが実際にメンバーの皆さんに会って、
『田川さんの事をリスペクトされている事が伝わってきましたので、メンバー決定です❗️』とのことで、今回のセッションが決まりました。

曲がビシッと決まるのはもちろんのこと、 皆さん本当に楽しそうに活き活きと、余裕さえ感じられる程で、どれだけ練習を積み重ねて来られたのだろうと、その熱い気持ちが気迫となって伝わってきました。

【感激のサプライズ🎂😭】
セッションコーナーは3曲の予定だったのですが、2曲目が終わり、いよいよラスト曲❗️
と思っていたら、突然、予定にはないはずの曲が・・・・・木村カエラさんの「バタフライ」が。。。
田川はおいてけぼりに?!

一瞬焦っていましたが、?マークになりながらもとりあえず一緒に演奏しているし(笑)

すると『結婚一周年おめでとうございます㊗️』と、マイクを持った小山さんとミーズのめぐみさんが。

なんとお客さまからのサプライズのプレゼントでした🎂✨

松江まで来てこんなに温かくお祝いして頂けるなんて感激の瞬間でした😭😭

本当にありがとうございました✨✨

2度目の松江公演!お陰さまで大盛況で終了しました!!!

平日にも関わらず駆け付けて下さった皆さん、

O.Aを引き受けて下さったSteebeeよしきさん、けいさん

セッションメンバーの吾郷さん、米田さん、ケイジさん、

田川の希望でPAをお引き受け下さり
サウンド作りを手掛けて下さった別府さん、

ラジオ出演の機会を下さったFM山陰 稲田さん、

ミーズ水野さん、松林さんはじめスタッフの皆さん、

そして、今回の松江公演のブッキングから打ち合わせ、総合プロデュースをして成功に導いて下さった小山さん、

携わって下さった全ての皆さん、

本当にありがとうございました✨

明日30日は広島府中『Always』公演!
お陰様でSOLD OUTとなりました❗️
ファイル 2023-1.jpg
ファイル 2023-2.jpg
ファイル 2023-3.jpg
ファイル 2023-4.jpg
ファイル 2023-5.jpg
ファイル 2024-1.jpg
ファイル 2024-2.jpg
ファイル 2024-3.jpg
ファイル 2024-4.jpg
ファイル 2024-5.jpg
ファイル 2025-1.jpg
ファイル 2025-2.jpg

【田川ヒロアキGuitar Station Tour 2018】松江Miz!【第1部編🎸】

ツアー5日目は山本恭司さんの郷里松江へ❣️
2年ぶりにお邪魔させて頂きました✨
この日を楽しみに待っていて下さった方々が詰め掛けて下さいました!
ハードロックナンバーから、スピードチューンで軽快にスタートし、食い入るように真剣に聴いているお客さんもだんだん身体を揺らし、 手拍子をしながら乗ってくる様子が伝わってきました。

バラードや歌物のシーンでは涙を流されている方々も。

松江ライブの発起人でもある小山さんから
『昨日のライブに来た人達が、あちこちで田川さんのライブの感想をFBへUPしているのが目を引きます❗️』と嬉しすぎるご報告が😆🎶

松江は演奏で来たのは2回目ですが、
実は田川が生まれて間もない頃に、家族で出雲市にある目の御薬師様「一畑薬師」へお参りに行ったり、その後、お礼参りに行く等、何かと思い入れのある場所でもありました。

そんなエピソードも交えながら、2年のブランクもあっと言う間に取り戻すかのようなお客さんとステージが一体となったライブでした🎸✨

今回もO.Aは田川の希望で、前回ご一緒させて頂いた『Steebee』のよしきさん&けいさんのデュオ。

ドラムとベースのみでこれだけものリズムやメロディが聴こえてくるの⁉️という位にワイルドでアグレッシブ、かつドラマティックな世界が次々と展開されて行きました❣️

田川が「なんだかカッコイイ中にも哀愁も感じるんだよね~」とその奥深さに感激している様子。自分の出番を忘れていました😅💦

セッション編に続く!
ファイル 2022-1.jpg ファイル 2022-2.jpg ファイル 2022-3.jpg ファイル 2022-4.jpg ファイル 2022-5.jpg

岡山最終日 マツダファンフェスタ2018 2日目!

【田川ヒロアキGuitar Station Tour2018】ツアー4日目『マツダファンフェスタ2018』2daysの2日目❗️
ドラムに大河原秀雄さんをお迎えして、
ベースは初日からサポート頂いている水本和秀さんとのトリオでお届けしました❣️

あちこちから車のエンジンや走行音が聞えてくる中で、爽快で迫力のバンドサウンドがサーキット場に鳴り響きました!

ラストは地元のキッズダンスチームのバーテックスの皆さんが、マツダファンフェスタ公式テーマソングの「キミを乗せて」 に合わせて、
キレッキレのダンスを披露して下さり、
バンドとダンスの素敵なコラボレーションになりました✨✨✨

今年でマツダファンフェスタに出演させて頂いてから6年目になりました。

その中で公式テーマソング「キミを乗せて」に続いて「Ride The Wind」も作らせて頂きました。

この曲は来年また別の形で皆さんにお届けすることになりそうです❣️

駆け付けて下さった皆さん、

今年も岡山スペシャルバンドで支えて下さった
水本さん、秀さん、

キッズダンスチーム、バーテックスの皆さん、
物販サポートをして下さった超乱酒(ちょーらっしゅ)の皆さん、

カメラマン宮里さん、

そして、マツダファンフェスタ主催のビ―スポーツ三城さんはじめ、
関係者の方々、音ランド、MCズッピ―さん、
オルウェイズ安藤さん、スタッフの方々、
他、2日間関わって下さった沢山の方々に感謝致します。

今日は松江ミーズです❣️

Photo by 宮里亜樹
ファイル 2021-1.jpg ファイル 2021-2.jpg ファイル 2021-3.jpg ファイル 2021-4.jpg ファイル 2021-5.jpg

【田川ヒロアキGuitar Station2018】マツダファンフェスタ・夜の部サンクスパーティ編!

【田川ヒロアキGuitar Station2018】
絶賛走行中❗️

ツアー4日目の【マツダファンフェスタ2018】
初日の昼間のステージを終え、二井原実さんをお見送りした後、
夜の部のサンクスパーティで演奏させて頂きました。

Mr.ルマンこと寺田陽次郎さんや、マツダ関係者の方々、
レーサー方々等が集まる中で身の引き締まる思いでした。

7月の豪雨ではマツダの広島の工場の操業がストップしたり、西日本が大変な被害に遭われました。

マツダファンフェスタ公式テーマソング 「キミを乗せて」や西日本に縁の深い曲が沢山入っているアルバム「テーマパーク」の売上の中と、田川が企業さんへ呼びかけてご協力頂いた協賛金を赤十字社へ義援金としてお預けしたお話等もさせて頂きました。
ファイル 2020-1.jpg
ファイル 2020-2.jpg

2020年はマツダ創立100周年を迎えられるそうです!
今後がまた更に楽しみです♪

【マツダファンフェスタ2018】~岡山国際サーキット!スペシャルゲスト 二井原実さん!!!

【マツダファンフェスタ2018】~岡山国際サーキット!
ツアー3日目は国内最大級のマツダファンの祭典☆

初日は岡山スペシャルバンドとして、
Dr.酒井まろさん、B.水本和秀さん。
更には、今年はスペシャルゲストに二井原実さんが飛んできてくださいました!!!
ファイル 2015-1.jpg
ファイル 2015-2.jpg
ファイル 2015-3.jpg
ファイル 2015-4.jpg
ファイル 2015-5.jpg
ファイル 2016-1.jpg
ファイル 2016-2.jpg
ファイル 2016-3.jpg
ファイル 2016-4.jpg
ファイル 2016-5.jpg

もう最高のサウンドに、
最高の歌声がサーキット場に 響き渡りました!!!!

終演後、二井原さんが「天気も良くて歌ってて気持ち良かったわ~!」と言われていたのが印象的でした。

もちろん、バンドではマツダファンフェスタ公式テーマソング
「キミを乗せて」と 新公式テーマソング
「Ride The Wind」も演奏しました!

二井原さんにスペシャルゲストで出演して頂き、最高の歌声を浴びた2日間だけに、二井原さんが帰られた後は、嵐が過ぎ去った後のようで二井原さんロスになりました(笑)

駆け付けて下さった皆さん、

スペシャルバンドとしてガッチリ支えて下さった水本さん、まろさん、

初日からサポートして下さった秀さん、

スペシャルゲスト二井原さん、

前日からこの日のリハーサルもさせて頂き、
当日も早朝からお越し下さっていたキングダムオーナーの平井さん、節子さん、

カメラマン宮里さん、木ノ切さん、

そして、マツダファンフェスタ主催のビ―スポーツ三城さん、
岡山国際サーキット関係者の方々、 音ランド、オルウェイズ、MCズッピ―さん....
沢山の方々にお世話になりました。

皆さん、ありがとうございました!!!

Photo by 木ノ切尚 宮里亜樹