音楽(play)

1ヶ月後は下関市民会館大ホールでのスペシャルコンサート

アップロードファイル 202KB

【1ヶ月後の2/19(日)❗️
田川ヒロアキ名義としては過去最大になるかもしれない大ホールでのコンサート🎸】

郷里、しものせき海響大使として、
下関を盛り上げて、音楽で各地とを繋げられるコンサートを作りたいと企画。

東京からの田川BANDを始め、スペシャルゲストに、二井原実さん!
少年少女合唱団、平家踊り保存会、
私が長年作曲している市のよさこいチームなどと大コラボレーション!

もうそうそうこんなコンサートはできないので、お見逃しなく!

下関市やKRY山口放送などが主催、
KRYテレビやラジオCM、カモンFM、各新聞、広告などでバンバン紹介して頂いています。

地元の応援チームが一丸となって広めてくれていて、下関での盛り上がりが伝わってきます。

皆さんの思い出に残る素敵なコンサート空間にできるよう、一同で準備をしています!

このラインナップでの映像化やツアーの予定はないので、
遠方の皆さん、近郊の皆さん、お誘い合わせのうえ、是非、是非いらして下さい。
待っちょるけーねー👋
遠方の方は、下関の味や景色を楽しんでねー🌊🐟⛰

2月19日(日) 【田川ヒロアキコンサート Music Traveling 2023】in 下関市民会館大ホール

【出演】
田川 ヒロアキ(Gt.&Vo.)  石黒 彰(Key.)  寺沢 功一(Ba.)  そうる 透(Drs.)
下関少年少女合唱隊  下関平家踊保存会
よさこいチーム(馬関奇兵隊・菊川よさこい蓮合・わん!〜WAN〜・伽羅・門司よさこい連 0哩)

【Special Guest】
二井原 実(LOUDNESS)

開演17:00 (開場16:00)
下関市民会館 大ホール

全席指定 / 一般4,000円 学生1,000円

https://fretpiano.com/hiechan/page/diary/memorepo.cgi?no=3619

曾我泰久(やっちん)さんバースデーライブ

あの「やっちん」が還暦だなんて、絶対信じられないほど、
キラキラした素敵な歌声と曲とハードなギター。
1月7日、品川プリンスホテルのステラボール。
お祝いムードに会場が包まれたハッピーな1日でした。

サポートギターを務めさせて頂いて今年で12年。
各地へのツアーもご一緒する中で、
どうやったらボーカリストが心地良く歌えるかを考えたり、
歌いながらギターを弾く楽しさを教えてもらえたような気がしています。

今回、ブレイルセンスの点字で歌詞を読みながら予習出来たので、
言葉の世界にじっくり入れたことで、より思いを寄せられました。

素敵なステージに立たせ差もらえていることに感謝。
やっちん、おめでとうございます!
これからも、ずっと、ずーっと、夢の世界を届けて下さい。

スタッフブログはこちら。
後日、マーシャルブログをお楽しみに!

曾我泰久(やっちん)の60歳バースデーライブのリハーサルでした。

アップロードファイル 435KB

年明けは恒例の「やっちんライブ」で一同集結。
縁起良い年明け。
楽しく、和やかに、真剣に、熱いリハーサル。
しかも、60歳なんて嘘でしょ状態のやっちんからは、キラキラしたオーラと夢を感じ、
これは今年も絶対楽しい感動的なショーになること間違いなし!

◆2023年1月7日(土) 【曾我 泰久 Birthday LIVE 〜 感激ROCK+】
『The Good-Bye』の曾我泰久さん(やっちん)のバースデーライブ!
さらに、この日は60歳のお誕生日を迎えられます!
とても還暦とは思えない、常に夢の世界を届けてくれる歌、ギター、曲!
記念の日を一緒にお祝いしましょう!
◆出演
ゲスト:野村義男 / 衛藤浩一
演奏:和佐田達彦(B)/田川ヒロアキ(G)/そうる透(D)/鍬田修一 (Sax)/加賀谷綾太郎(Vn)/日高隼人(Vn)/野津永恒(pf)
◆会場:
品川ステラボール
◆時間: OPEN 16:00 / START 17:00
◆料金: 前売り7,000円(税込み・全席指定)
詳細は公式サイトまで。

朗読劇「チャリティミュージックソン」

アップロードファイル 102KB

ニッポン放送から始まったラジオチャリティ。
ジャニーズ「SixTONES(ストーンズ)」の京本大我さんが
私のストーリーを朗読劇として読んで下さいました。

感情たっぷり込めた感動的な朗読劇でした。
クライマックスでは、マイクにエネルギッシュな息遣いまで届き、
それが、より感情の高ぶりの表現となって、とても感動しました!

私も京本さんと一緒に朗読をしている気持ちでした。
傍で、美瑞穂は感動して泣いていました。

ツイッターでの反響が凄い!

終わってからのSixTONESの皆さんのコメントにもまた感動!
良いグループだなーと、多くのファンの方々に支持されているのが凄く伝わってきます。

京本大我さん、SixTONESの皆さん、
感想を送って下さった皆さん、
ニッポン放送ディレクターの加川さん、
私のストーリーを素敵に執筆して下さった放送作家の宮澤さん、
縁を繋いでくれたKKさん、
ありがとうございました。
宝物が増えて、素敵なクリスマスプレゼントになりました。

前回の投稿と重複しますが、
チャリティミュージックソンは、音の出る信号機や立体コピーなどを寄贈するラジオチャリティ。

私も、一人で歩く時は音の信号機が助かります。

立体コピーとは、絵や文字などを、特別な薬品を付けた用紙で印刷する事で
立体的に浮き出て触れるコピー機のこと。
学生の時に重宝しました。

これらをラジオチャリティを通して寄贈したり、
みんなで視覚障害者について考えたり、クイズやゲームを通じて学んだり、
各局を中継で結びながら様々なイベントが行われていたりと、
とても愛ある素敵な取り組みだと改めて感じました。

まだまだご存じではない方も多いので、お一人でも多く広まって欲しいと思います。

radikoで大晦日まで配信していると思いますので
お聴き逃しなくー。

Photo by Shige Ushizawa

チャリティミュージックソン

目の見えない、見えにくい人の為の音の信号機などを寄贈するラジオチャリティ。
ニッポン放送から始まって11局を結ぶ、
今年で48回目になる企画。

私が子供の頃から放送していたので、
私は多分KBC福岡で聴いてました。

今、ニッポン放送と、広島RCCで聴いているんですが、
視覚障害について皆さんで考えたり、ゲームやクイズで学んだりと、
とても愛ある素敵な取り組みだなと改めて思いました。

その番組に、2箇所も出演させてもらえることになるとは、とても光栄です。

広島のRCCは夫婦で電話出演しました。
田口麻衣さんと河村彩奈さんが、私達の事について沢山話して下さいました。

事前に田口さんから私と美瑞穂へのインタビュを受けて、
とても素敵な表現で紹介して下さいました。
それを、河村さんが興奮気味に広げて下さって、こちらも気持ちが上がる思いで聴きました。
ありがとうございました!!
放送直後の反響も頂きました!

このあと、よるは、ニッポン放送で、ジャニーズのSixTONES(ストーンズ)による朗読劇で
田川ストーリーが紹介されます!

どちらも嬉しいことだし、こうした形でお役に立てること、選んで頂けたことに感謝です。

リアルタイムで聴けない方もRadikoでお楽しみ頂けます。
ぜひ聴いて下さい!

夫婦でラジオ出演

12月24日、RCC中国放送に電話出演します。
アナウンサーの田口麻衣さんからのリクエストで、
なんと!美瑞穂もインタビューされることに!!

  〈詳細〉
クリック 26KB
◆12月24日(土) 【RCC中国放送「チャリティーミュージックソン2022」】
出演時間:14時台(予定)
放送:RCC中国放送(Radikoで全国からお聞き頂けます。)

メインパーソナリティ:川村彩奈さん
インタビュー:田口麻衣さん

テーマ:「会うことで何かが始まる」」
番組HP https://radio.rcc.jp/musicthon/

写真は、田口麻衣さんが広島スマトラタイガーへお越し下さった時のショット。
クリック 307KB

クリスマスイブ、聴いてね〜!

ファイナル大団円で全ツアー終了!

クリック 176KB

千秋楽も満席で、東京町田「まほろ座」にて、フルバンド編成でのLIVEでした。
メンバーとスタッフとで作り上げる豪華サウンドが場内に響き渡り、
それを楽しんで下さる皆さんの拍手をバシバシ浴びながら、
こうした形でニューアルバムがお届け出来て、
最っ高のツアーファイナルとなりました!

この模様は後日マーシャルブログをお楽しみに!

ライブ配信のアーカイブはこちら!
https://eplus.jp/sf/detail/3723750001-P0030001

写真をfacebookに載せています。

お越し下さった皆さん、
配信でご覧下さった(これからの方も)皆さん、
FACEをお聴き下さっている皆さん、
まほろ座と、各スタッフの方々、
田川BANDの皆さん、
本当に、ありがとうございました!
大団円で良いファイナルになりました。
次回も是非また!

今日は美瑞穂とツアー話で盛り上がっております。

Photo by Shige Ushizawa

#そうる透 #石黒彰 #寺沢功一 #田川ヒロアキ #まほろ座
#Marshall #JVM

水木一郎さん

アップロードファイル 266KBアップロードファイル 128KBアップロードファイル 116KB

ご一緒させて頂いたのは2014年の夏。
湖池屋からの新商品「カラムーチョZ」のギターレコーディングとミュージックビデオ撮影に抜擢。
作曲はファンキー末吉さん、作詞は湖池屋さん。

ギターとベースのアレンジと収録を行い、
その後、都内スタジオへ向かいビデオシューティング。
そこにいらしたのが、水木一郎さんでした!

「田川さん、僕の歌は聴いたことありますか?」
「もちろんです!それどころか、歌声を聴いて育ったようなものです。」
「そう!」
と嬉しそうに笑って下さったのが初めて交わした会話でした。

そして、水木アニキの歌と私のギターとの撮影が始まりました。
隣で聴く、太く力強い歌声は今でもはっきり憶えています。

「ゼーット!」
うわー!これだこれっ!
子供の頃に聴いていた決め台詞に大興奮!
とても素敵な良い思い出です。

その後、マネージャーさんを通じて、水木一郎さんから
「田川さんへ是非」
と、郵送でCDをプレゼントして頂きました。

つい数日前も、闘病しながらも熱唱されておられていたそうなので、二人で陰ながら祈っていました。

水木あにき、私達子供の頃から「歌のヒーロー」として沢山の夢を届けて下さって、
本当にありがとうございました。
ご一緒させて頂いた時間は生涯の宝物です。
どうか安らかに。
空からも歌声響かせて下さい。
待ってるゼーット!

カラムーチョZ
https://youtu.be/IOadZT7qA-4

とうとうツアーファイナル!この日曜は会場と配信で!

沢山のご予約を、ありがとうございます!
少しですがお席もあるそうなので、お見逃しなく!
楽しんで頂けるよう、一同で皆さんをお迎えする準備も最終段階。
この緊迫感がまた良い感じ。

ニューアルバム『FACE』からの新曲を始め、ツアーこぼれ話、
ステージ上でのハーモニーから果てしない暴走バトルなど、
とにかく盛りだくさん!
そして今年のLIVEの集大成!
非日常なLIVE空間でお待ちしています!
クリック 246KB

〈12月11日(日) 【田川ヒロアキ GUITAR STATION 2022 ニューアルバムリリースツアー ファイナル】〉

【出演】: #田川ヒロアキ #そうる透 #石黒彰 #寺沢功一

【会場】 東京 まほろ座MACHIDA
東京都町田市森野1-15-13 パリオビルB1F
Tel:042-732-3021

【開場 / 開演】
16:15 / 17:00

【入場チケット】
・前売 4,500(別途1ドリンク)
・当日 5,000(別途1ドリンク)
※整理番号順入場・自由席
※お食事の提供はございません

◆販売
プレイガイド:LivePocket
・12/10(土)23:59まで
https://t.livepocket.jp/e/bovbb

電話予約:まほろ座 MACHIDA
・12/10(土)まで
042-732-3139

◆配信チケット
・料金 \3,500
・視聴期間 12/11(日)17:00〜12/25(日)23:59まで
◆販売
プレイガイド:イープラス Streaming+
・12/25(日)21:00まで
https://eplus.jp/sf/detail/3723750001-P0030001

パラリンピック開会式のデコトラで共演した運転手の『武藤将胤』さん。

今日は、武藤将胤』(まさたね)さんの事を書きます。
クリック 300KB クリック 207KB クリック 48KB

現在、難病ALSで身体を動かすことができないどころか、
凄まじい気力、行動力、多才なアイデアを駆使して、
会社経営、プロデュース、クリエイター、研究開発などを次々にこなし、
私では考えつかない様々なことを実現している方です。

その一つ、武藤さんはリアルでの発声が出来ない代わりに、
過去に録音していたご本人の声をサンプリングし、
PCの文字に視線入力をして再生することで会話をしています。

また、身体は動かせなくても、分身ロボットで仕事をしたり、
メタバース(インターネット上の3次元仮想空間)で
自由自在に動き回って身体拡張をしているそうです。

SFの世界のような想像絶することを成し遂げていて、
難病で不自由になったことが、一般では考えつかないような新たな自由と可能性を生み出し、
サポートされる周囲の方々とチャレンジし続ける意欲に感動を覚え、
人の可能性は無限であることと、未来への希望を感じます。

2023年、武藤さん経営の『WITH ALS』主催による『MOVE FES.』というイベントが行われます。
六本木EX THEATERのリアル会場、オンライン配信、メタバース会場でのハイブリッド開催です。
そこに、私の出演も決定致しました!

まだ私もイメージ出来ていない未知のエンタテイメントショーが繰り広げられるようなので非常に楽しみです。

6月18日は、昨年のパラリンピックの2カ月前、
新国立競技場で初めて武藤さんや川崎さんとお会いした日でした。
縁を感じます。

昨年から、視線入力での作曲も始めた武藤さん。
私への共作とギタープレイのリクエストがあり、
趣旨に賛同し、参加を決めました。
イベントの為に立ち上げているクラウドファンディングに応援メッセージを送りました。

布袋さん、川崎さん、アヤコノちゃんを乗せた、あのデコトラを運転してくれた武藤さん。
是非皆さんも応援して下さい。

https://camp-fire.jp/projects/637994/activities/437091

ALSといえば、ギタリスト、Jason Beckerが患ったことで私も知るきっかけになりました。
Jasonは私のフェイバリットギタリストの一人。
1990年、Van HalenのDavid Lee Roth「A Little Ain't Enough」のレコーディング中の発症。
当時から好きな1枚だけにショッキングな出来事でした。
その後(1995年)、Jasonのソロアルバム「Perspective 〜永遠の情景〜」に感動したのを今でも憶えています。

窮地を救ったMichael Lee Firkinsのようにはいきませんが、
私も、武藤さんが描くギターのお手伝いをしたいと思っています。

それにしても、ラインのやりとりをしていて思いますが、
視線入力の武藤さん、点字の私、
なんだか面白い文字のコミュニケーションだなーと。(笑)

武藤さん、誘ってくれて、ありがとうございます!
一緒に最高の作品を作りましょう!!