記事一覧

Wyn Davis来日~ライヴ②

本当なら浅草を観光案内してサヨナラの予定でしたが。。。
Wynがどうしても田川の演奏を見たい!と。
でもここ数日でのライヴはないし、この後、田川は作曲の仕事が
あるから帰らなきゃいけない。。。。

それでもWynは「ファンキーさんにどうにかならないか?」と。
そこで急遽、予定を変更して八王子のLive Bar.XYZ→Aのライヴに飛び入りさせてもらうことに!

ファイル 554-1.jpg

その日は大高清美さんのセッションで、最後に田川が飛び入り。
偶然にもギターの土方さんと初共演させて頂きました。

WynもFrancineも田川のプレイを見て感激して予想以上に興奮していて、「アメリカに是非来て欲しい!」と!!

私達いつでも行く準備は出来ています(笑)
そんな日が早く実現するといいな!!

続く!

Wyn Davis来日~高尾山~帰国③

本当ならWyn夫妻とお会いするのはこの日一日だけの
予定でしたが、またいつ来日するか分からないし。。。
ということでファンキーさんに「帰国の日に成田に
お見送りに行きたいのですが」と相談したところ、
「ほな一緒に昼飯でも食べて見送ったらどうや」
ということで、帰国の日に八王子に会いに行きました♪

ファイル 555-1.jpg
時間があったので高尾山へ!
ファイル 555-2.jpg
ケーブルカーに。
関山君も一緒♪
ファイル 555-3.jpg
ファイル 555-4.jpg
さるが二匹^^
動物嫌いの田川はガラス越しです(笑)
ファイル 555-5.jpg

猿がとってもかわいかった~!!!!!
(あっ。本物の猿のほう^^)
ケーブルカーからの紅葉も綺麗でFrancineはあちこち
写真を撮りまくっていました♪

楽しい時間はあっという間で、その後成田へ直行。
連絡先を交換してお別れしました。

このような機会を作ってくれたファンキーさんに感謝☆
本当に有意義な時間でした!!!

今度はアメリカに行く番かな~?!

お食事会①~②

昨日は奥島プロデューサーにお誘い頂いて食事会に
行ってきました!
いつもお世話になっているレストラングループ・無洲の
新たなレストラン「ピアシス渋谷倶楽部」がオープンされたとのことで、
お邪魔させて頂きました♪

外観から内装までとってもおしゃれ!(写真取り忘れました・・)
エントランスをくぐると素敵なシャンデリア。
中は個室がいくつもあり、一つ一つにテーマがあって、
優しいライティングでくつろげる落ち着いた空間です☆

ファイル 551-1.jpg
海老や帆立とマカロニの
クリーム仕立て
ファイル 551-2.jpg
サンマのお刺身にスライスされたリンゴが
添えられたカルパッチョ
ファイル 551-3.jpg
タジン鍋
(蒸したカボチャ等の野菜をソースにディップ)
ファイル 551-4.jpg
甘鯛のかぶら蒸し
ファイル 551-5.jpg
牛バラ肉の赤ワイン煮

②へ続く↓

お食事会②

最後はデザート^^
ファイル 552-1.jpg
たっぷりのフルーツに白玉、
カラメルソースがかかったクレームブリュレのような
クリームと一緒に♪
ファイル 552-2.jpg
みんなで記念撮影♪
ファイル 552-3.jpg
オープン記念にみんなから
会長へプレゼント☆
奥島さんチョイスのオルゴール♪
ファイル 552-4.jpg
とってもかわいいギリシャ製のブリキの車
(写真が暗くて見えない><)
ファイル 552-5.jpg
みんなでサインも入れました^^

おしゃれなレストランで温かい人達と
美味しい料理を堪能しました。
普段はあまり外食はしませんが、家族や知人が遊びに来たときに
是非連れて行きたいな~と思う、とっても素敵な空間でした。

そして改めて、人とのご縁や繋がりの大切さを感じました。

心もお腹も満足満足でほろ酔い気分で帰路に着きましたとさ^^

下関散策~唐戸①

久々に日常ネタを^^
10月に国体で山口に帰省した際に、
久々に少しゆっくりする時間があったので、
下関の唐戸周辺を散策して来ました♪

ファイル 547-1.jpg
ふくの街~下関
(下関ではふぐをふくと言うらしいです)
ファイル 547-2.jpg
ファイル 547-3.jpg
ファイル 547-4.jpg
またまた見える疑惑が・・・(笑)
ファイル 547-5.jpg
田川武蔵(笑)

お天気も良く、海風がとっても心地よい一日でした。
私は以前、TVの取材で何度か唐戸周辺に何度か来たことが
あるものの、プライベートで来るのは初めて。
田川も地元に居ながらも、なかなかゆっくり来る機会が
なかったそうです。

ふぐのモニュメントの向い側では、大きなもみの木に
作業員の方達が電球の取り付け作業をしていました。

もう点灯されている頃かな?
海を一望できる唐戸のクリスマスイルミネーション
綺麗なんだろうな~☆

下関散策~門司港へ②

ファイル 549-1.jpg
続いてフェリーに乗ってお隣の門司港へ!
ファイル 549-2.jpg
駅も街全体も昭和にタイムスリップした感じ。
門司港レトロを散策~
ファイル 549-3.jpg
ファイル 549-4.jpg
バナナの叩き売り発祥の地!
ファイル 549-5.jpg
ギタリスト忘れてます(笑)

フェリーでに乗って10分、門司港レトロに到着!
ここも、仕事でよく来ていたので懐かしい気分になりました☆
門司港は「焼きカレー」の発祥の地ともあって、
あちこちからカレーの美味しそうな香りが漂ってきました^^

レンガ造りの建物の間を人力車が走っていたり、
出光美術館があったり、海沿いに目をやると観光船や
貨物船が何艘も見えたり、自然と街が調和している
大好きな場所のひとつです。

ここのイルミネーションがとっても幻想的なんです。
柔らかい優しい光がレンガ造りの間の並木道に灯されて、
派手じゃないけど、門司港レトロの雰囲気をより引き立てて
くれる感じでとっても綺麗!

なかなかクリスマス時期に帰省する機会はないですが、
いつかゆっくり行ってみたいな♪

久々の日常ネタでした^^

東京も日に日に風が冷たくなって来ましたが、
皆さんも風邪などひかないよう気をつけて下さい♪

引っ越し前日~生活編

「だ~っと514スペシャルライヴ」を終えて、
いよいよ明日はお引っ越し!
お店のスタッフだ~さんと音引力が中心となって
企画して下さったライヴ。
温かい人達と和やかな雰囲気で、八王子出発前に
ぴったりの素敵なライヴでした!
(写真は後日!)

さてさて。。。。
田川と一緒に上京して3年。新たな出発の為に
八王子からお引っ越し。
今の住まいはとっても気に入っていて、愛着があるので、
名残惜しい気持ちもありますが、それ以上にこの先の
生活、どんな未来が待っているのか・・・が楽しみです!

なので、この3年間の思い出を振り返って、
明日からは心機一転!旅立ちます~!!

ファイル 457-1.jpg
引っ越しした翌月のお月見♪(2008.9)
朝からあずきを煮たり、ゴマ団子を作ってました(笑)
ファイル 457-2.jpg
買ったばかりのホームベーカリが
珍しくて、出来上がる度に写真撮ってました^^
ファイル 457-3.jpg
最初の頃は、失敗作も(ベーカリーなのに・笑)
コアラパンと命名。
ファイル 457-4.jpg
家具を少しずつ揃えていって、田川は日曜大おじさんに・笑
ファイル 457-5.jpg
引っ越しして初めてのクリスマス。
似てるかな?

3年間の生活編をざっくりと振り返ってみました!
仕事編はまた!

春散策♪

先日、タクシーの運転手さんが「八王子は
桜が綺麗なんですよ~」とおススメの穴場を
教えて下さって、そこがなんと自宅から歩いて
10分位の所だったので、行ってみることに!

ファイル 442-1.jpg
テクテク「ここかな~」と山道を
歩いて行くと周囲は竹や杉林が。
花粉症にはきついけど(苦笑)、
空気は澄んでいました!

ファイル 442-2.jpg
道端にはたんぽぽが元気に咲いていました♪

ファイル 442-3.jpg
つぼみから花びらを開き始めたたんぽぽ。
頑張れ~!!

ファイル 442-4.jpg
木の根元にはスミレ☆

ファイル 442-5.jpg
名前が分らないけど、これも春によく
見掛ける花。

写真
更に歩いていくと赤い花が。何だろう?

写真
しばらく歩くと山桜が~~!
山の向こう側にも後ろ側にも桜が満開!!
人の手によってではなく、自然に咲いているようで、
背が高~い♪
ウグイスも鳴いていました。

写真
道に迷いながら、テクテク歩いていたら、
珍しい色の桜?
花びらの色がピンクと白が混ざっていました。

こんな近くに手付かずの自然があったなんて!
東京にもこんな場所があったんだ~!
(私達どんだけ田舎に住んでいたんだか・・・笑)

田川も「いい曲が書けそうだ~」と言いながら
歩いていました^^

久々の良いリフレッシュでした♪

神戸からの支援物資☆

震災から何日か経って、東京でも乾電池や食品の
不足が続くようになりました。
被災地に何か出来ることを・・・と考えていた矢先に
神戸の友人から思いがけない支援物資が(涙)

ファイル 440-1.jpg
手紙と一緒に単2と単3の電池
ファイル 440-2.jpg
明石~神戸近辺でしか作られていない
という「いかなごのくぎ煮」
ファイル 440-3.jpg
友人のお母さんが作って下さったのを
お裾わけ(と言いながら沢山頂きました・笑)
ファイル 440-4.jpg
あったかいご飯やおにぎりと
大活躍!
田川も「んま~!」と感激!!

震災後初めてのライヴの前に田川がブログで、
「節電ライヴをします。電池が手に入れば
持ち運びようのアンプを使います」
と書いた直後の思いがけない贈り物でした。

そして手紙には「神戸が今こうして復興しているように
少しずつかも知れませんが、必ず復興すると信じて、
出来る事を少しずつやっていきたい。
田川さんの演奏を聴いて癒され、元気になる人が
大勢いると思うので、少しでもそのお役に立てれば・・・」

(;_;)(T-T) 二人で感動してしまいました。

「いかなごのくぎ煮」は程良い甘さと、素材の
歯触りが楽しめるどこか懐かしい味。

最近はライヴの時は必ずおにぎりを作って行くので、
本番前の楽しみになっています♪

それにしても、「いかなごのくぎ煮」ってユニークな名前!
田川「クギと一緒に煮るんだろうね~」
私「そうなんだろうね~」
豆を煮るときに釘を入れて煮ると色が綺麗に仕上がると
聞きますが、てっきりそうだと思っていて、でも気になる
ので色々調べちゃいました・笑

「くぎ煮」とは、出来上がりが「さびた古釘」のよう
とのことからなんだとか!

ほほ~!
言われてみれば確かにそう見えますネ☆☆☆

郷土料理とか、個人的にも凄く興味があって、
その後も色々と調べてます・笑

話は戻りますが、
地震後から、東京では買占めとかも騒がれていましたが、
西日本も電池や懐中電灯がなかなか手に入らないとも
聞きました。

そんな中、被災地じゃない私達を心配し、
さりげなく深い心遣い。。。

感謝いっぱいです!

続く余震と今後の備え

災害から6日が経ちましたが、
東京でも余震が続いています。

昨晩は静岡で震度6強の地震で、
東京もかなり揺れました。

そして、東北関東の被災地では
自衛隊や消防の方々、
救援に携わる方たちが、
救出活動やライフラインの復旧に懸命に
取り組まれています。

行方不明の方がまだ1万人以上いるとのことで、
一人でも早く救出されることを祈っています。

私たちも万が一の時の為に準備をしようと思い、
役立ちそうな記事を見つけました。

◆災害時の持ち物
□現金
□身分証明書
□印鑑・預金通帳・保険証
□飲料水(1人1日3リットルが目安)
□非常食(缶詰・お菓子等)
□携帯電話と非常用充電器
□ティッシュ(トイレットペーパーでも)
□タオル(5枚くらい)
□懐中電灯
□カイロ
□サランラップ
□毛布
□家族の写真(はぐれた時の確認用)
□ホイッスル(生存率が格段に上がる)
□メガネ
□いつもの薬
□音楽プレーヤー(音楽を聴いて落ち着ける)

【緊急行動パターン】
・窓・ドアあける
・荷物は玄関へ
・底の厚い靴をはく
・ガスの元栓を締める
・出来るうちに携帯充電
・停電時ブレーカー落とす 
・24時間は地震が続くだろう
・とりあえず落ち着く
・災害用伝言ダイヤル171の利用(避難場所も伝える)
・電話は最低限
・Skypeなら使える
・警察を偽った詐欺電話に注意

【避難時の注意】
・倒れかけのタンスや冷蔵庫に近づかない
・ガラスや塀に注意
・壁の亀裂や柱の傾きは倒壊のおそれあり、即避難
・狭い道、崖沿い、川沿い、海を避ける
・海沿いの人は高台に避難
・ヘルメット着用。せめて帽子を着用
・火が付きやすい化繊の服を避ける
・マスクや濡タオルを装備する
・火災時は風上へ
・車は走るのをやめて路肩に寄せて停まれ

【地震が起こる前なら】
□ヘルメットはあるか
□非常食の蓄えはあるか
□水の蓄えはあるか
□応急処置セットはあるか
□寝袋はあるか
□非難所・非難所までのルート

普段からの心がけ

・浴槽に水をためたままにしておく
・米を炊いて冷凍保存に。

【NTT公式情報】
公衆電話は災害時には優先的につながります。

災害時には被災地の公衆電話は無料で使ます。
ただし国際電話は使えません。

●無料公衆電話のかけ方。
・緑色のアナログ公衆電話
緊急ボタンを押すか、10円玉を入れれば通話できます。
通話が終わると10円玉は戻ります。
・デジタル公衆電話
テレホンカードや10円玉を使わず、
受話器を取るだけで通話できるようになります。

【災害用伝言ダイヤル】
◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「1」を押す
3.自宅の電話番号を押す。
4.伝言を録音する。
◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「2」を押す
3.安否を確認したい方の電話番号を押す。
4.録音された伝言を再生する。

・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。

便乗する性犯罪者がいます。常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。
・赤ちゃんがいる方。
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
彼の死を無駄にしないで。

既にご存じの方もいらっしゃると思いますが、
以上を抜粋してみました。

書きながら今も揺れを感じました。
私たちも準備します。

ページ移動